最安値!メコン川現地ツアーを10ドル以下で楽しむ方法

ベトナムといえば、メコン川の「ジャングルクルーズ」ではないでしょうか?
私がベトナムに来る前もこのイメージが強かったです。

逆にいうと、ここに行っておけば「ベトナムに行った」と言えるかもしれません!(ってくらい有名ですね)

実はここに、自力で行く人はほぼいないのではないでしょうか。聞いたことがない。
ツアーの方が安くてスムーズに行くことができるからです。

メコン川クルーズを考えている方に、安く安全にいける方法をご紹介したいと思います。

ちまたのメコン川ツアー

メコン川クルーズのツアーは実は「日本人向け」「その他外人向け」の2つが存在します。
というのも、日本人向けは日本の会社がツアーを主催運営しています。
ベトナム人の日本語堪能なガイドさんが最初から最後まで日本語で案内をしてくれます。
例えば、「ベルトラ」なんかですね。
こちらを利用するメリットとしては、以下のような方。

-最初から最後まで安心感が欲しい
-日本人の旅行客と一緒に楽しみたい
-状況やバックグラウンドなど、明確に知りたい!
-英語だけのツアーは不安がある

という方は絶対に上記のツアーで行ってみた方が良いかと思います。

デメリットとしては、「その他外人向け」 ツアーと比較すると高い。
だいたい3倍の価格差がある。という点だけですね。

少し英語ができて、他国の方とのふれあいを楽しみたいという方はぜひ
「その他外人向け」ツアーに挑戦してみることをおすすめします。
メリットとしては

-安すぎ(最安値で700円代)
-いろんな国の人と友人になれるチャンスあり
-英語の勉強なるかも

デメリットとしては、英語が超ハードル高い方には、次何が起こるか分からない「不安が募る」というくらいでしょうか。

メコン川ツアーの取り方


日本語のツアーでしたら問題なく、インターネットでベルトラから予約するのが良いです。
ただ、価格が40ドル〜となります。名物の「象耳魚」もランチで込み。
最安値の英語でのツアーは、こちらは含んでいませんでしたが、現地で追加でオーダーできるようです(約1,000円くらい)

また、私が安く予約できたのは、現地の代理店で予約する方法で、英語ツアーになります。

取得できる場所は、白人バックパッカーが多く滞在する、通称バックパッカーストリートの「ブイビエン」「フォングラオー」「デタム」通りになります。

「フォングラオー」通り▼

この一帯に、5m歩けば旅行代理店に当たるほど、旅行代理店がひしめきあっています。

その中でも、私が最安値だと思うのは、「フォングラオー」通りにある、「Ngoc Mai Tourist」です。
こちらは中華系の会社ですね。

場所は下記▼

周辺に聞き込みをしましたが、最高は30,40ドルまで様々です。(2日や3日のツアーなんてものもあります)
「Ngoc Mai Tourist」はなんと、1DAYのメコンツアーで165,000VND(約795円)でした。やすい〜〜〜!

「メコンツアーに◯人で行きたいだよー」といえば、その場ですぐ日程を決めて予約完了です。私は前日にチケット取得できました。
「翌日にこの場所に7;30」と言われました。

ツアーの内容

《バスで約1.5h》


それでは、7;30に集合すると、旅行代理店のむかえ側にある公園に移動しバスを待ちます。
15~20人くらいの多種多様の国からきた旅行客と一緒に、メコン川クルーズができるミトーへ向かいます。
所要時間は約1.5h。
途中一度トイレ休憩がありました。
朝早いので、ほぼ爆睡でこの1.5hは全然おぼえていません。笑

《到着でいきなりクルーズ》


早速到着すると、いきなりクルーズが始まります。
「結構大きな船だな」と思った方もいると思うのですが、これは、小さい船に乗るための場所に行く船です。笑
小さな島まで、こちらの船で移動しそのあとジャングル内を手漕ぎのボートで移動です。


はい、大きな船で向こう岸まで着くと、手漕ぎのボードが待ち構えてくれていて、こちらに乗っていきなりクルーズが始まります。
2名の漕ぎ師が前と後ろに乗って、手で漕いでくれます。


ボート内には、ベトナムの帽子傘があり被ることができますので、暑さ対策、ベトナム感的にも笑、絶対かぶりましょう!
実はこのジャングルクルーズは約3kmほどの距離となっています。
案外あっという間におわってしまいますので、漏れなく南国感をあじわってください!
(3km先で到着するとチップをせびられます。20,000~40,000VND程度用意しておくといいかもしれません。)

《フルーツ試食会》


ボートが終わるといきなり謎のスペースに座らせられるよう言われ、フルーツが矢継ぎ早に出されます。
最高においしい!とまではいきませんが、南国のフルーツばかりで日本では食べられないものばかりなので、挑戦してみるのはいいかもしれません。


フルーツを食べていると、「勝手に」民謡などをうたってくれます。なぜか日本の民謡まで….
こちらも最後にチップをせびられる可能性がありますが、特に気にいらなかったら無視でいいかと思います。(民謡求めてなかったし、、w)

《蛇体験》

こちらは写真を撮るのを忘れてしまいましたが、いきなりへびを首に巻く体験ができますw
よくある、あれです。なぜ蛇?と思いましたが、この近辺で見かけられる蛇なのでしょう。
そんな大きな蛇でもなく、安全そうだったので、巻いてみるのもいいかと思います。
同じツアーにいた子どもはすごく楽しそうでした。

《はちみつ試食会》


その後椅子に座らせられて、はちみつのお茶を飲ませられますw
お姉さんが、お茶と一緒にロイヤルゼリークリームを手に塗ってくれたり、お菓子を紹介してくれたり、ちょっと販売チックな感じです。
(その場ではちみつ、クリーム、お菓子の購入が可能)
そして、ミツバチもたくさん集合していますwちょっとこわいですが、安全です。

《ココナッツキャンディー工場見学》


その後、よくお中心街の土産で販売されているココナッツキャンディーの工場を見学することが可能です。
1つ1つ工程をガイドさんが実演で説明してくれました。
あたり一帯が、ココナッツと甘い香りが充満しています。
ここで、ココナッツ製品のお土産を購入することが可能です。

そして、なぜかここではハブ酒体験もできたりしましたw

《ランチタイム》


また、大きな船で別の島に移動し、今度はランチタイムです。
ランチに行く途中で、「象耳魚は食べたいか?(別料金)」と聞かれます。
先にオーダーしておくと、ガイドさんが着いた瞬間オーダーしておいてくれるそうでした。
また、ベジタリアンか、ミート食かを選ぶことも可能です。

私はミート食をいただきましたが、こちらは期待しないほうがいいでしょう。。。
追加で注文もできますので、微妙だな、物足りないと感じた方を追加注文すると良いでしょう。

《永福寺訪問》

nor

ランチタイムが終了すると、いよいよツアーも終盤です。
また大きな船に乗り、元に来た岸へと戻ります。
そして、バスに乗って10-15分ほど移動。

すぐに永福寺というお寺に到着します。
こちらでは、巨大な大仏が2,3体ほどありました。
ベトナムは仏教が多いですが、日本でもない中華でもない独特な雰囲気を感じられるかと思います。

《バスで帰宅》

お寺めぐりが終わり、ツアー終了です。時間はだいたい15;30。
その後、1.5hかけてフォングラオー通りに戻り、17;00には到着して解散です。

おわりに

どうでしたでしょうか。800円以下ツアーにしてはこのフルフル具合。
かなり観光!という感じでしたが、The ベトナムを感じられるツアーだっとかと思います。
ちょっと英語に自身のある方は現地で「英語ツアー」に参加してみてください!
不安な方も、「日本語ツアー」があるのでご心配なく!

用途や状況に合わせてたのしんでください〜〜
よい旅を〜✈️

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA