lembongan_speedboat

バリ島からレンボンガン島へ!船(スピードボート)での行き方

バリ島から小1時間もあれば行ける、離島「レンボンガン島」。 海の透明度が圧倒的であることと、フォトジェニックスポットがたくさんある、ということもあって近年人気の場所ですね! そんなレンボンガン島へ行く手段は今のところ「船」のみ。 最も近いのがバリ島から船で行くこと。 「その船ってどうやって予約するの?」 「最も安全でコスパのいい方法は?」 ということで、実際にバリ島から船で行ってきましたのでレビューしていきたいと思います。 チケットを取る(行き) まず、チケットを入手する方法ですが、私は今回直接港に行ってチケットに行く方法を選択しました。 現地のツアー会社で予約をすると、1人当り約5000円ほどで予約できるそうですが、自分で取得したほうが「お得」+「現地調達でも船に全然乗れる」ようだったため、自分で行ってみることにしました。 (この5000円には船の往復代金と、滞在先から港への送迎が込みになっています。) ①チケット購入のためサヌールビーチまで行く まず初めに、滞在先から船がでているサヌールビーチまで行く必要があります。 バリ島で観光客はタクシーが普通の交通手段かと思います。 ただ、ボッタクリタクシーも多いので、事前に金額が移動距離によって定額で分かる配車アプリを使うと良いかと思います。 Grab App ¥0 (2019.01.16時点)  iTunes で見る Grab.com posted with ポチレバ ※↑「GRABMAMIMOON123」という紹介コードを入力すると数百円分無料で乗ることができます! 私が使った配車アプリは東南アジアでも有名な「Grab」です。 他にもインドネシアにも複数の配車アプリがありますが、個人的には一番使いやすかった「Grab」を利用しています。 現在地と、行き先を地図に沿って打ち込むだけで、距離によって金額が確定しタクシーが迎えにきてくれます。 後は乗るだけで、行き先まで届けてくれるので楽ですよ〜…

Bali_bustle_desk

Bali Bustle(バリ バステル)|バリのコワーキング&コリビング試してみた

日頃、コワーキングスペースを取っ替え引っ替えして、仕事をしています。 過去行ったアジアのコワーキングスペースはこちらから▶ 家も常に移動先が変わるので、数ヶ月置きに変えていたりします。 (最近では、荷物を断捨離したり、サマリーのような倉庫預けサービス利用して、特定の居住先を持たない「アドレスホッパー」というような人々が増えているそうですね!そこまで頻繁にホッピングしているわけではないので、それには当てはまらないとは思うけど….?定義がちょっと不明なのでそっと置いておきます。) 家をしょっちゅう変えているので、「どうせなら働く場所と住む場所が一緒だったらいいな〜」とはよく思います。 家で仕事をすることはよくありますが、なかなか気が散ってしまい集中できないこともあるので… そこで、最近こちらも増えている?と言われる「Co loiving(コ・リビング)」という「一緒に住む」ことと、 「Co Working(コ・ワーキング)」=「一緒に働く」がMIXされた施設をバリで利用してきたので、紹介したいと思います。 そもそも「Co loiving(コ・リビング)」って コリングってなんでしょうか。わたしもこちらが曖昧です。 シェアハウスとどう違うの? シェアハウスをwikiで調べてみました。 「シェアハウスは、リビングや台所、浴室などを共有し、各住人の個室をプライベート空間とする共同生活のスタイルである。もともと、ファミリータイプの2LDK – 4LDKや一戸建てを節約目的で複数人で賃借する発想から生まれた。」 (参照 wiki) ということらしいです。 うん、そうだな。という感じ。 みんなで住むことに価値を置いてシェアをしている人も多いけど、元々は「コスパ・節約」という概念から生まれているような気がします。 海外とかだと単身者用の家が少なくて、大きい家をみんなでシェアして借りて住むという感じですね。 そこから後付で「コミュニティ」に価値を置く人もいて、という「コミュニティ」重視の概念も生まれている気がします。 じゃあ、コリビングはというと……The collectiveというサイトが以下に書いていました。 「コリビングは、コミュニティと便利さ追求した都市型住まいの方法、 コミュニティを生活の一部と捉えて、デザインされたシェアスペースや刺激的なイベント、1日の終わりに心地よく感じることのできる家具付きのプライベートなアパート。家、コンシェルジェ、高速インターネット、いろいろな設備、綺麗な部屋、楽しい日々のイベント、ジムすべて必要なものが揃っています。私達にすべて任せて、あなたは自分自身の生活を専念することができます。」 (参照 The collective)…

woobar_w

【Woobar】バリ島でまったり夜遊びにオススメ!ビーチ・クラブ

バリ島といえば、「海のアクティビティ」ですが、せっかくの旅行。 「昼も夜も楽しみたい!」ですよね? ナイトマーケットを散歩、海辺を散歩、美味しいごはんをハシゴ。いろんな遊び方がありますが、 今回は、夜遊びに特にオススメ!のビーチ・クラブのご紹介です。 そもそもビーチ・クラブって? そもそもビーチ・クラブって何かご存知でしょうか? ビーチ・クラブは、ビーチ沿いで快適なバカンスを楽しめるように作られた施設のこと。 日本の海沿いにある「海の家」とはまた全然違ったものですよ〜 プール、シャワー、レストラン、スパ、バー、DJブースなどが融合した、一体型の場所で、 お酒を飲みながら、夕日を眺めたり、音楽を聞きながらプールに入って、海を見ながらChill~~~みたいなことができる場所です。 Woobar at W hotl(ウーバー @ Wホテル) 今回は、バリ島ビーチクラブの中でもベスト3に入ると言われている「Woobar」に行ってきて、心からオススメしたい場所でしたので、ご紹介します。 「Woobar」は、Wホテルという、ビーチに面している高級ホテルチェーンの中にあります。 写真は、Wホテルのエントラス100m手前くらいの写真です。重々しいWが光っていました。 住所:Jalan Petitenget Seminyak, Kerobokan Kelod, Kuta Utara, Kabupaten Badung, Bali 80361…