Latest Articles

lembongan_speedboat

バリ島からレンボンガン島へ!船(スピードボート)での行き方

バリ島から小1時間もあれば行ける、離島「レンボンガン島」。 海の透明度が圧倒的であることと、フォトジェニックスポットがたくさんある、ということもあって近年人気の場所ですね! そんなレンボンガン島へ行く手段は今のところ「船」のみ。 最も近いのがバリ島から船で行くこと。 「その船ってどうやって予約するの?」 「最も安全でコスパのいい方法は?」 ということで、実際にバリ島から船で行ってきましたのでレビューしていきたいと思います。 チケットを取る(行き) まず、チケットを入手する方法ですが、私は今回直接港に行ってチケットに行く方法を選択しました。 現地のツアー会社で予約をすると、1人当り約5000円ほどで予約できるそうですが、自分で取得したほうが「お得」+「現地調達でも船に全然乗れる」ようだったため、自分で行ってみることにしました。 (この5000円には船の往復代金と、滞在先から港への送迎が込みになっています。) ①チケット購入のためサヌールビーチまで行く まず初めに、滞在先から船がでているサヌールビーチまで行く必要があります。 バリ島で観光客はタクシーが普通の交通手段かと思います。 ただ、ボッタクリタクシーも多いので、事前に金額が移動距離によって定額で分かる配車アプリを使うと良いかと思います。 Grab App ¥0 (2019.01.16時点)  iTunes で見る Grab.com posted with ポチレバ ※↑「GRABMAMIMOON123」という紹介コードを入力すると数百円分無料で乗ることができます! 私が使った配車アプリは東南アジアでも有名な「Grab」です。 他にもインドネシアにも複数の配車アプリがありますが、個人的には一番使いやすかった「Grab」を利用しています。 現在地と、行き先を地図に沿って打ち込むだけで、距離によって金額が確定しタクシーが迎えにきてくれます。 後は乗るだけで、行き先まで届けてくれるので楽ですよ〜…

Bali_bustle_desk

Bali Bustle(バリ バステル)|バリのコワーキング&コリビング試してみた

日頃、コワーキングスペースを取っ替え引っ替えして、仕事をしています。 過去行ったアジアのコワーキングスペースはこちらから▶ 家も常に移動先が変わるので、数ヶ月置きに変えていたりします。 (最近では、荷物を断捨離したり、サマリーのような倉庫預けサービス利用して、特定の居住先を持たない「アドレスホッパー」というような人々が増えているそうですね!そこまで頻繁にホッピングしているわけではないので、それには当てはまらないとは思うけど….?定義がちょっと不明なのでそっと置いておきます。) 家をしょっちゅう変えているので、「どうせなら働く場所と住む場所が一緒だったらいいな〜」とはよく思います。 家で仕事をすることはよくありますが、なかなか気が散ってしまい集中できないこともあるので… そこで、最近こちらも増えている?と言われる「Co loiving(コ・リビング)」という「一緒に住む」ことと、 「Co Working(コ・ワーキング)」=「一緒に働く」がMIXされた施設をバリで利用してきたので、紹介したいと思います。 そもそも「Co loiving(コ・リビング)」って コリングってなんでしょうか。わたしもこちらが曖昧です。 シェアハウスとどう違うの? シェアハウスをwikiで調べてみました。 「シェアハウスは、リビングや台所、浴室などを共有し、各住人の個室をプライベート空間とする共同生活のスタイルである。もともと、ファミリータイプの2LDK – 4LDKや一戸建てを節約目的で複数人で賃借する発想から生まれた。」 (参照 wiki) ということらしいです。 うん、そうだな。という感じ。 みんなで住むことに価値を置いてシェアをしている人も多いけど、元々は「コスパ・節約」という概念から生まれているような気がします。 海外とかだと単身者用の家が少なくて、大きい家をみんなでシェアして借りて住むという感じですね。 そこから後付で「コミュニティ」に価値を置く人もいて、という「コミュニティ」重視の概念も生まれている気がします。 じゃあ、コリビングはというと……The collectiveというサイトが以下に書いていました。 「コリビングは、コミュニティと便利さ追求した都市型住まいの方法、 コミュニティを生活の一部と捉えて、デザインされたシェアスペースや刺激的なイベント、1日の終わりに心地よく感じることのできる家具付きのプライベートなアパート。家、コンシェルジェ、高速インターネット、いろいろな設備、綺麗な部屋、楽しい日々のイベント、ジムすべて必要なものが揃っています。私達にすべて任せて、あなたは自分自身の生活を専念することができます。」 (参照 The collective)…

woobar_w

【Woobar】バリ島でまったり夜遊びにオススメ!ビーチ・クラブ

バリ島といえば、「海のアクティビティ」ですが、せっかくの旅行。 「昼も夜も楽しみたい!」ですよね? ナイトマーケットを散歩、海辺を散歩、美味しいごはんをハシゴ。いろんな遊び方がありますが、 今回は、夜遊びに特にオススメ!のビーチ・クラブのご紹介です。 そもそもビーチ・クラブって? そもそもビーチ・クラブって何かご存知でしょうか? ビーチ・クラブは、ビーチ沿いで快適なバカンスを楽しめるように作られた施設のこと。 日本の海沿いにある「海の家」とはまた全然違ったものですよ〜 プール、シャワー、レストラン、スパ、バー、DJブースなどが融合した、一体型の場所で、 お酒を飲みながら、夕日を眺めたり、音楽を聞きながらプールに入って、海を見ながらChill~~~みたいなことができる場所です。 Woobar at W hotl(ウーバー @ Wホテル) 今回は、バリ島ビーチクラブの中でもベスト3に入ると言われている「Woobar」に行ってきて、心からオススメしたい場所でしたので、ご紹介します。 「Woobar」は、Wホテルという、ビーチに面している高級ホテルチェーンの中にあります。 写真は、Wホテルのエントラス100m手前くらいの写真です。重々しいWが光っていました。 住所:Jalan Petitenget Seminyak, Kerobokan Kelod, Kuta Utara, Kabupaten Badung, Bali 80361…

riceterrace

バリ島ウブドの世界遺産ライステラス(棚田)への行き方!

バリ島には世界遺産に登録されたライステラス(棚田)があります。 神々が多く棲むと言われているバリ島では、ライステラスは「神の階段」とまで呼ばれているほどです。 「ライステラスにどうやったら行けるの?」 「どのライステラスに行けばいいの?1つだけ?」 などなどの疑問を回答します。 有名なライステラスは2つ 実は有名どころのライステラスは以下の、2つのスポットがあります。 ①ジャティルティ ライステラス バリ島中部タバナン県にあり、ウブドからは車で1時間30分ほどかかるので、ちょっと遠め。 ですが、規模がとても大きく広大な水田を眺めることができます。 ②テガララン ライステラス ウブドから近く、ウブド中心地から30分足らずで着きます。 規模は小さいですが、高低差がすごく1枚の絵になるような迫力があります。 ②のテガラランライスの方がウブドから近くアクセスしやしため、ツアーなどに組み込まれることが多いです。 サクッといける場所であるために、今回私はテガラランライスに行ってみました! テガララン ライステラス(Tegallalang Rice Terrace) ※画像が粗くてすみません… テガラランライステラスはかなり高低差ある棚田ですね。 それに、ヤシの木があり南国!といった雰囲気がでていて日本の田んぼとは、違った世界感があります。 田んぼの方まで歩けていけてしまうのですが、ものすごく傾斜なので、ビーチサンダルを履いてはちょっと登り降りが大変かも。 今回は入り口入ってすぐのところから写真を撮りましたが、 カフェが複数近くにあるので、カフェからの景色の方が綺麗で、ゆったりと落ち着いた時間を過ごせそうです。 アクセス 住所:Jl. Raya Tegallalang, Tegallalang,…

bali_swing

バリ島ウブドの絶景ブランコ!ジャングルの中のパーティー会場だった

最近じわじわと話題のバリの絶景ブランコをご存知でしょうか? ジャングルの中に飛び込んでいくような、絶景に向かってブランゴを漕げる最近人気のスポットです! 「バリの絶景ブランコって実際どこにあるの?」 「バリの絶景ブランコってお金かかるの?」 「いきなり行くのは不安だから、どんなものかブランコのできる場所の雰囲気を知りたいな」 という方向けに、ご紹介します! 絶景ブランコは、バリ島ウブドの奥の方に点在 絶景ブランコは、バリ島ウブドの奥まった方に複数点在しています。 元々は「Bali Swing」というところが設置したものですが、最近のインスタ映えの影響もあってか瞬く間に広がり、いくつか真似をした業者もブランコを設置し始めたのです。 実際、「Bali Swing社」の方はとても混雑しているので、他のスポットに行ってみるのも手ですが、 今回は絶景ブランコの火付け役、「Bali Swing」の方に行ってきましたのでそちらをご紹介します。 絶景ブランコの所在地 住所:Jl. Dewi Saraswati No.7, Bongkasa Pertiwi, Abiansemal, Kabupaten Badung, Bali 80352 ウブド市場などが有る中心地からは少し遠いいので、タクシーなどで行くことをおすすめします! ▼ウブド内での交通手段については以下記事にまとめましたので、必要であればご参考ください▼ 料金と内容 大変驚いたのですが、このブランコ、ちゃんとしたアトラクションになっております。…

broken_beach

バリ島から小1時間の絶景スポット!ペニダ島の楽しみ方。

バリ島から1時間でいける絶景スポット「ペニダ島」をご存知でしょうか? 既に開拓されたバリ島とは違い、まだまだ未開拓な青い海で囲まれた、小さな島です。 (サイズ的には、宮古島よりは少し大きめくらい。) この綺麗な島近郊でのダイビングやシュノーケリングが有名ですが、合わせて絶景スポットと呼ばれる3つのスポットがあり、こちらに行ってみたのでご紹介したいと思います。 「バリ島に行ったけど、素晴らしい景色を見たい、綺麗な海に潜りたい!」 「バリ島は人が多いので、もっと落ち着いた観光をしたい。」 「バリ島は2度目、もう少し別の楽しみ方をしたい!」 というような方におすすめです。 ペニダ島に行くのはツアーがおすすめ まず初めに、私はあまりツアー等を利用せずに自分でチケットや交通手配をして旅行を楽しむスタイルが好きですが、ペニダ島に関しては断然ツアーをおすすめします。 ペニダ島は小さい島で、「道がくねくね」+「凸凹だらけ」+「道が複雑で迷う」 なので、自分でバイクなどで行くのが相当ハードかと思います。また、道の途中でタクシーなんて拾うことは難しいです。 現地でカーチャーターなどもあるようですが、観光する場所が既に決まっている場合(だいたい3スポット)全て込みのほうが結局リーズナブルになるためです。 今回は私が利用したツアー内容に沿ってご紹介したいと思います。 (どこのツアー会社も同じようなコース内容、流れです。) ペニダ島の楽しみ方の流れ ほとんどのツアーが以下のような流れの事が多いようです。 シュノーケリング(あり/なし)or 絶景スポットの観光3箇所のアイランドホッピング —— ①ホテル⇒サヌール送迎【車/バス等】 ②サヌール⇛シュノーケルスポット近郊へ【スピードボート】 ③シュノーケルスポット近郊⇛シュノーケルスポットへ【ボート】 ④シュノーケリング3箇所ほど【ボート】 ⑤ランチタイム ⑥アイランドホッピング 1【車】 ⑦アイランドホッピング 2【車】 ⑧アイランドホッピング…

Cafe_du_Monyet

バリ島ウブド中心街の美味しいカフェ&レストラン7選!

「ウブドに行ったけど、せっかくなら失敗しないで美味しいものを食べたい!」 「景色が素敵な場所で、食事を楽しみたい!!」 せっかくの旅行なので、そう思う人も多いハズ。 ウブドに1ヶ月滞在し、「美味しい〜〜〜」「もう1回行ってもいいな」 と思うカフェ&レストランを7つほどご紹介します。 ▼以前ご紹介した、以下のデワタランジの料理も絶景と美味しい料理だったのでぜひ参考にしてみてください▼ (こちらも2回行きました笑) Who’s Who(インドネア風創作料理) 最初にご紹介するのは、口コミでも評判の「Who’s Who(フーズフー)」 予約しないと入れないことなもしばしば。 ご飯時に行くときは必ず予約をおすすめします。 店内はオープンエアー、カジュアルなんですが夜はキャンドルもともしてくれてとても落ち着いた雰囲気です。 お店のメイン料理は実はインドネシア風?カレー! 新鮮な野菜と、バリのカレースパイス、ハーブで作るカレーがさっぱりしていて本当に美味しい! 日本のカレーとは違い、さらさらしていてスープカレーのような感じです。 その他ペンネなど、野菜とハーブをたくさん使った料理を食べることができます。 雰囲気も味も、コスパもよくおすすめです。 アクセス サイト:http://www.whoswhosworld.com/?utm_source=tripadvisor&utm_medium=referral TEL:+62 812-3721-2235 住所:Jl. Raya Pengosekan Ubud No.108, Ubud, Kabupaten…

dewata_lounge

ウブド絶景レストラン!ジャングルを臨めるラウンジレストラン【ランチ/ディナー】

バリ島ウブドと言ったら何を思い浮かべますか? ヨガ、ヒンドゥー、伝統的なダンス、ジャングル? 人それぞれかと思いますが、「ウブドに行ったら一度は行っておきたい!」「友人に自慢したくなる!」 そんなウブドのジャングルに佇む、レストランをご紹介します。 オープンエアのジャングルが臨める絶景 そのレストランは実は、Royal Pita Maha(ロイヤル ピタ マハ)というホテル内に併設されているレストラン。 ホテルだからといって、宿泊者だけではなく、レストラン利用だけの方も食事が可能です。 旅行ブックなどにも、特集されていたりするので、既に知っている方も多いことでしょう。 ホテルはアユン川沿いの自然の中に建てられた、まさに南国の自然を名一杯感じらる5つ星ホテル。 ウブド王家の息子がデザインした、「これぞウブド!」と感心してしまうような建築様式です。レストラン内も細かにデザインされてます。 写真を撮影し忘れてしまいましたが、壁面などをくまなくチェックすると、その文化とアートを感じられますよ。 そんなホテルの中心部に、レストランは位置しています。ロビーを入ってまっすぐ進むとすぐにレストラン。 内部に入った瞬間に広がる南国のジャングルが一望できます。 更に眺めに高さがあるため、立体的にジャングルを見ながら、食事が可能です。 これは言葉でいうとチープなので、実際に見てもらったほうがいいと思います。 景色だけではなく、おもてなしと味も良い メニューが見にくくてすみません… お値段はやはり、5つ星ホテルなだけあり、ローカルと比べたらかなりお高いです。 でも日本物価からしたら普通、というより安いくらいかと思います。 ただのランチをしただけでしたが、まず初めに「お通し」を伝統衣装に身を包んだスタッフから頂きました。 ただのスティックスナックにバジルをつけて食べるものでしたが、これがなんと美味しい! (ローカル食ばかり食べていたせいもあるかも笑) そして、メインも例に漏れずとても美味しかったです。 眺めと食べるのに夢中で、こちらもまた食事の写真を撮るのを忘れてしまいました…。 食後にはバナナスムージを頼みました。 バリには、南国フルーツスムージ系が安くたっぷり飲めるので嬉しいです!(バナナは結構普通のチョイスだったけど笑)…

sangspa

【レビュー】安くてコスパの良いウブドの街スパ・マッサージ店

バリ島ウブドにはTheリゾートな高級スパ・マッサージ店から、手頃に利用できる街スパ・マッサージ店などピンきりにマッサージ店がひしめきあっています。 技術もピンきりですが、他の東南アジア諸国と比較してもリゾート観光地なだけあってかレベルが高いところが多いように思います。 そんなバリ島ウブドで、安くてレベルの高いスパ・マッサージ店に行ってきましたのご紹介したいと思います。 安くて技術力もある『Sang Spa(サンスパ)』 お店の名前は『Sang Spa(サンスパ)』というところです。 ウブドに2店舗あり、そのうちの『Sang Spa(サンスパ)2』の方が滞在先から近かったため、訪れました。 滞在先からスパまで、送迎付き 基本的に予約をしてから行くと、滞在先まで送迎車が迎えにきてくれますので、ぜひ予約をしてから行ってみましょう! 予約をしないでも行くことはできますが、人気なようで当日行って断られてしまうこともあるそうです。 ウブド感のある内装 場所は、表通りというよりも小道に入っていったところにあり、更に店舗まで続く道は隠れ家感があって素敵な場所です。 店内は、どうやらYogaのコースなどもあるようで、仏教感?ヒンドゥー感?のあるような装飾だったり、ウブドらしさを感じられるような内装です。 スパ・マッサージの豊富なメニュー こちらのメニューが非常に豊富です。 ヒーリング系から、、 【フェイシャルメニュー】 ・はちみつときゅうりのフェイシャル/USD14 ・アロマのフェイシャル/USD14 【ヘアートリートメント】 ・ヘアスパ/USD14 アボガドクリーム,ジンセンクリーム,アロエクリーム,キャンドルナッツクリーム 【マニュキア/ペディキュア】 ・お手入れなし/USD10 ・お手入れ込み/USD14 【スパ・パッケージ】 いろいろなものが組み合わさってます。 【ヒーリングトリートメント】…

Touroffice2

バリ島ウブドで最善の交通手段は?

観光に欠かせない交通手段。 バリ島はインドネシアです。日本と違い、まだまだ発展途上な部分がたくさんあります。 (そこも魅力のひとつではありますが) 交通手段ももちろんなので、観光前に要点を押さえておきましょう! オンラインタクシーが禁止 最近日本でも普通に利用されるようになってきている、アプリなどで直接配車できるUberなどのオンラインタクシーですが、実はウブドの中心街では一応禁止。 明確な決まりがあるわけではないですが、地元住民は厳格に守っている人が多く、オンラインタクシーを使っていると運転手が非難されてしまうことがあるそうです。 写真のような看板を、いくつか見かけました。 「Online taxi are not allowed in this area. If you love ubud please respect local transport」 「オンラインタクシーはこのエリアでは許可されていません、ウブドが好きなら、ローカル交通手段をリスペクトしてください。」とのこと。。。 ただ、中心の中心だけが禁止なようで、ウブドの端っこくらいまでなら行ってくれたり、配車できることがありました。 Grab App ¥0 (2019.01.16時点)…