奇妙なホテル!ベトナム ダラットの「Hang Nga クレイジーハウス」に宿泊してみた

ASEAN各国の観光促進サイト「GOASEAN」の東南アジアのユニークなホテル5選に選ばれ、中国の「人民日報」では世界の最も奇妙な建築物の10の建物うちのひとつとして紹介されたことがある、「Hang Nga クレイジーハウス」に実際に宿泊してきました! 「Hang Nga クレイジーハウス」はベトナムの高原地帯である「ダラット(Da lat)」にあります。 東南アジアらしからぬ気温と自然で、かつてはフランス植民地時代に避暑地として開発された土地です。 ….となると、自然のアクティビティが有名では?と思ってしまうのですが、実はこのホテル自体が今ではダラットの「観光名所5本の指」に入る?と言われているくらい有名なんです。 気まぐれでしたが、実際にそこに宿泊することができました!(やったー)のでそのレポートです。 ▶︎agodaでクレイジーハウスを見てみる ▶︎booking.comでクレイジーハウスを見てみる Hang Nga クレイジーハウスとは? クレイジーハウスは、ロシアのモスクワ大学にて建築を学んだ、ベトナム人女性「ダン・ヴェト・ガー」によって、1990年に設立されました。 ガーさんは、スペインのサグラダファミリアを設計した「アントニ・ガウディ」さんや、ダラットの街の自然環境からインスピレーションを受けてこの建物を設計したようです。 自然と自由を愛する彼女は、建物全体を全体的に「大木」+「動物、キノコ、クモの巣、洞窟」といった自然界のものの雰囲気でつくりました。 ほぼ、直角にできているものはなく、自然の形である。非直線的=曲線的にできています。 この建物ができた当初は、「おとぎの話の家」などとも呼ばれてきたようです。 元々は地元住民から、行き当たりばったりで、見た目の美しさや構造が変だという指摘や反対もあったようですが、今では立派な建築品というより芸術品として認められているようです。 また、1990年に建設し、その年に建設は終わったものの、増築を繰り返し今でも増築中とか。 (私が宿泊した際も増築中の建造物がちらほらありました。) 室内の様子 実は、客室は10室かありません。 元は、客室さえも無かったようですがこの建設費用でガーさんがかなりの負債を抱えていたため、「客室としてオープン」+「観光地として宿泊者以外にもお披露目」しています。 ▼各部屋の名前 -Pheasant(キジルーム) -Ant (蟻ルーム)…

ホーチミンからDa lat(ダラット)への行き方【寝台バス編】

ベトナムの観光地のひとつのDa lat(ダラット)。高原にあるため、フランス植民地時代に避暑地として開発されました。 そのため、風景がかな〜〜りヨーロピアンです。それに、ゴミも全然落ちていないし、暑くないせいかどこかクリーンな感じの場所です。 そんなダラットに、寝台バスでさくっと来たので、チケットの取り方、行き方を簡単にまとめてみたいと思います。 ホーチミンのデタム通りでチケットを購入! まずはじめにチケットの購入ですが、ホーチミンのバックパッカーストリートと呼ばれる、 【ブイビエン通り、デタム通り、フォングラーオ通り】がありますが、私がデタム通りにある旅行代理店Phuong Trangです。 デタム通りやフォングラーオ通りに行くと、旅行会社がひしめき合っているので、だいたい何かみつかると思いますよ! ▼住所 ▼チケット価格・時間/席 チケット価格は片道:210,000VND(約1,050円)です。 往復でとると:190,000VND(約900円)になりちょっとお安くなるようです。 それにしても安い…! バス時刻は写真の通り、結構な数運行してます。 私は最終便の24;01をとりましたが、とったのは22;00でした。土壇場でも全然OKそうです。 座席も満席でなければ指定することは可能です。 寝台バスは2階建てになっています。このとき1階はすでに満杯で指定できませんでした。 個人的には絶対に1階をとることをおすすめします。 寝台バス、尋常じゃないくらいスピードをだすので2階だと揺れがすごく結構こわいんです…。 無事チケットをGETです。 10分前に、元の場所に来てくださいと言われました。ちょうど旅行会社の通りを挟んで迎え側が待合所になっているようでした。 バスに乗る 待合所に行くと、ダラット行きの人たちは小さいバンに乗せられました。 ここから5-10分車を走らせ、別の待合所に合流します。 別の待合所では、ニャチャン行きのバスを待っている人たちもいるようでした。 別のバスに乗ってしまわないようにご注意ください。 やっとバスが来て、車内に乗り込みました。 土足厳禁で、靴を脱いで袋に入れて乗り込みます。 それにしてもネオンが….なんでこんな電気なのかは微妙ですが、…