ミャンマー観光。旅本に載ってない、蛇寺の話し。

1年ほど前にミャンマーに一人旅に行ったときの話しです。 どうしても忘れられない場所だったので、備忘のために。 ミャンマーといえば何を思い浮かべますか? 旅好きな人だったら、中心都市「ヤンゴン」、歴史的建造物が残る「バガン」、水の街「インレー」でしょうか。 そこまで東南アジアに行ったことない人だったら、漠然と「貧しい国」武装勢力がいる「危ない国」? ミャンマーはここ数年で民生移管を果たし、やっと世界との繋がりを持った 「アジアのラスト・フロンティア」であると言われていることを知り 「ラストフロンティア」を感じられるのは今しかないと思い、興味本位で訪れました。 もちろん例に漏れずに「ヤンゴン」「バガン」に。時間的関係もあり「インレー」は断念し この2都市のみを訪れようと思っていたのですが、(実際に両地域に行きましたが) どこか懐かしいような?神秘的な?場所が「ヤンゴン」から程近いところで発見してしまい、 最終的に旅程のほとんどを「ヤンゴン」周辺で過ごすことになりました。 ヤンゴンでのできごと①川を渡る (↑ヤンゴン:ダウンタウン) その場所はヤンゴンから川(海?)を渡った「Dala(ダラ)」という場所にあります。 後から知ったのですが、ここはヤンゴンの最貧地区でした。 そもそも何故ここに行くことになったのかというと、ヤンゴンで(一見怪しい?)男の子に声を掛けられ仲良くなり、 彼がこのDalaに住んでいるらしく案内してくれるからということでした。 東南アジアでよくあるボッタクリの案内人でないことを、なんとなく感じ取れたので、 見たいもの知らずで彼についていくことにしました。 まずはヤンゴン,ダウンタウン中心寺「Sule pagoda」で待ち合わせをしました。 そこから徒歩10分くらいのところに港(Pansodan)があります。 船がでているので、その船に乗ると15-20分もせずにDalaに着きます。 まずこの船なのですが、なんと日本人は無料で乗船ができます。 JICAの無償資金協力により日本が寄贈した船だそう、船場の奥におじさんがいるので、 「日本人だよ」といえば、名簿に名前を書くだけで無償で船に乗ることが出きますw (↑Pansodan 港) 老朽化の激しい、200人は乗れそうなこの船に載って真っ黒な川を渡ると…

10分でつくれる!LINE Creators Studioでスタンプつくってみた。

LINE株式会社がLINEスタンプをスマホでつくれる「LINE Creators Studio」アプリをリリースしたみたいなので早速つくってみました! 前からつくってみたいと思ってたものの、デザインにこだわらなければ10分もしないでつくれましたw 感想「なにこれ、超簡単。」 誰でもクリエイター時代到来の予感。 (元々LINEスタンプは審査待ちがカナリ長いと言われてたのですが、これで更に審査が長期化しそうですね。。。。ここをAIとかでできればいいのにw) つくりかたは…. 多分ここに書く必要がないくらい直感的で簡単です。 タイトルを決めて、文字で書くか、画像を使うか、カメラを使うかをまずは選択! わたしは、「へのへのもへじ」でテキストで書きましたが、カメラの場合はそのまま対象物を撮って、すぐにトリミングができる仕様になっています。       実際に私が10分もみたない時間でつくった、スタンプはこちらw                 前にベトナム語のスタンプを探したら全然なかったので、ベトナム語を話す超怠惰なへのへのもへじネコをつくってみました!合計8スタンプ♪販売価格120円!w つくったら、そのままほぼワンプッシュで申請までできるのがLINE直営のいいトコロ! これだけ簡単につくれるようになった分、絶対審査の待ちは長いですが、自分のスタンプがこんなにも簡単に使えるようになるのはただただ嬉しい。 LINEへの愛着も湧くし、(稼げるかは分からないけど)色々な人が気軽にクリエイターになれるのはいい機能!サービスだと思う。 いつかそんなサービスをつくりたいです。 See You~

値切れる?ベトナムのジム:CALIFORNIA FITNESS & YOGA(カリフォルニアフィットネス&ヨガ)

以前にベトナムのジムとしてfit24(フィット24)をご紹介しましたが、 マシーンの微妙さから辞めてしまったので、新しいジムに入会してきました! ベトナムに12店舗ある CALIFORNIA FITNESS & YOGA(カリフォルニアフィットネス&ヨガ)です。 ホーチミンは特に日本人の多い1区7区にもあるそうですが、 私は勤務先や家から近い3区のジムに行ってきました。 場所は有名銀行VietBankや、ユニ・チャームも入る近代的なビルの3階にあります。   ジム選びの条件 以前、ジム選びの条件として以前以下を上げましたが、①はクリアしているので、決めてになった②~④についてご紹介したいと思います。 ①家から近い(徒歩orその他交通手段で15分以内程度) →近くないと絶対行かなくなることは実証済み。 ②月会費が1万円超えない →できればベトナム物価を考えると安ければ安いほどはいい ③マシーンの数が豊富 ④できるだけ営業時間長い ②月会費が1万円超えない お店に行きなり訪問して、「見学したいのですがー」というと、ご丁寧に2人案内人がついて全て事細かに案内してくれます。 見学を終えると、「私たちのGymどうだった?どうだった?気に入ったでしょ」ここでレセプションの前でクロージングが始まります。 基本的にベトナムは年間契約するのが一般的なようです。 年間契約としていきなり提示された金額がこちら。 GOLD MEMVERSHIP:VND28,000,000(=¥138,179)/年 日本円にして¥11,514/月です。 「ん〜~~これはTipnessより少し高いくらいだ、、、。でもここはベトナムベトナムベトナム!高い!!」 「それにいつまでベトナムにいるかも分からないので年間契約をするのはヤダ。」 「1年以上いる確定が持てたしても1年という縛りを自分につくるはイヤだ!」(何にも縛られたくないのです…w)…

ベトナムのLINE?海外IPOに挑戦のVNGとは

最近ベトナムで初のアメリカで、テック企業VNGが株式公開するかもしれない!というニュースが!! ソースはこちら (日本語版) ベトナムは外国企業誘致、特にIT系の誘致は積極的なので、 外資(特に日本?)がたくさん参入して、オフショア開発は今では有名なお話。 なので、外資のIT系のお話はベトナムではよく聞くのですが、 ベトナムの企業がIPOを目指すとは!結構ビックニュースじゃない?と思い「どこぞの会社!?」と思い見てみると、 VNGは2004年創業のベトナムでは超有名サービスを作っているところでした(社名として知らなかったのちょっと恥w) ひとつはベトナムに来て初めてDLしたアプリ:Zalo! ベトナムで絶大な人気を誇るコミュニケーションアプリZaloです。 日本でいうLINEと同じ存在。(Wechatの方が近いかな?) どんなアプリを連絡手段として使っているのか聞くとでてくるのが、FacebookとZaloの2択! だいたい、世界はFacebook+その国で発展したメッセージングアプリを使っているところが多いですね。 Zaloは既にダウンロード数ベースで7000万ユーザーいるとか。 メッセージングなのでアクティブも8割はいってそう。 (LINEはアクティブが2017年4月現在6600万らしぃ) ミャンマー、韓国、マレーシア、台湾等周辺アジア諸国の人が使っていることが大きいですね。 で、私も実際に使ってみているんですが、、、、 なんといっても違いは「ご近所さん検索機能」もはや、tinder?happen?的な出会えちゃう系です。 性別、年齡、自分の位置からの距離で絞って検索することができます。 ログイン状態にしておくと、だいたい5通くらいは友達申請が!きて、承諾するとそのまま会話をすることができます。 (まだ会ったことはありませんwが、オンライン上の友達はたくさんできました^^) どうやらこの機能が人気を博してZaloは広まったと聞きました〜 平均年齡約27歳のベトナムはいきなりスマホネイティブ世代をたくさん抱えているので、 オンライン上で出会うことも抵抗なく、経済成長(認識していないと思うけど)を楽しんでいるのかなと。 もうひとつは:Zing ZingはZing.me/Zing.TV/Zing.vn/Zing.mp3 などたくさんあるのですが、 多分いちばん若者に使われているのはZing.mp3なのではないかなと思います。(肌感) mp3は音楽が聴き放題で、だいたい皆スマホにこのアプリが入っていてYoutubeではなく…

ホーチミンでジム(fit24)に月契約してみた!

東京に住んでた頃は週1でパーソナルトレーニングをしていたのですが、 ベトナム移住してから勝手が分からず早1ヶ月、身体はたるんでいく一方なので やっと重い腰を上げて先日ジムに入会してきました。 探した条件としては、優先順位の順に以下 ・家から近い(徒歩orその他交通手段で15分以内程度) →近くないと絶対行かなくなることは実証済み。 ・月会費が1万円超えない →できればベトナム物価を考えると安ければ安いほどはいい ・マシーンの数が豊富 ・できるだけ営業時間長い →平日行けないと、土日のどちらかいくのみになると月4回しか行けなくなる 私が契約したのは、fit24というベトナム資本?のジムです。 3区,7区,ビンタイン区に店舗を展開しているようです。 入り口からしてかわいいつくり。 初めに見学したいんです〜と言うと、フロア中を見せてくれました。 こちらは3区の店舗ですが、6階までフロアがありました。 サイゴン川の前に建っていてサイゴン川を見ながら走ることができますw ロッカールームを広くてきれいですが、南京錠を自分で買わなければならず、 受付で200円くらいで買うことができます。 その他サウナ、シャワールームも10個くらい完備していて結構空いてます。(3区だからかな?) だいたい年間契約みたいなのですが、半年、3ヶ月契約をすることもできます。 年間契約すればするほど安くなるスタイル。 年間で1,378,000VND/Month(6800円/月)くらいでしょうか。 ただ私は通ってみないと分からないと思い、1ヶ月だけ契約(約1万円くらいでした) 時間はたしか、7;00-23;00までだったかな? 客層は、ローカル地帯だったせいか外人はほとんどいませんでした。 少し余裕のあるベトナム人の方が通っているイメージ。 かなり空いていてマシーンもたくさんあり、貸切状態だったので、その点はいいかも。 ただマシーンたくさんあると言っても、何故か上半身ばかりだったので、他を探すことになりそうですw 次の候補はカリフォルニアジム…

ベトナム版Uber Eats?「Vietnammm.com」を使ってみた

私の現在住んでいるベトナムのお家は、実はエレベータなしの5階。 ・更に周りに食べられるお店がない。 (正確に言うと出店はあるけど、ベトナム在住1ヶ月強ではまだ挑戦できるレベルのお店ではない) ・コンビニも徒歩10分弱。 ・そして今は雨季ですぐにスコールが降る。 ・結構状況が悪いので、ご飯はいつも買いだめすることが多い 更に、元々日本にいたときから「Amazon」と「Uber Eats」のヘビーユーザーだったので….. 「食」という3大欲求叶えるの、どんだけ大変なったの?って思っているココ最近だったんですよ。 今日もまた出かけようとしたら雨が降ってきて、「Uber Eatsあればな〜」って思って、 「ちょっと待てよ?ベトナムデリバリー文化結構根強いっていってなかった?」と思い サーチしてたら、いい感じのがあったー! 「Vietammm.com」 vietnammm アプリで注文してみた アプリがあったので、アプリから注文♪ まずは通りを選択すると、近くのお店がずらりとでてくる。 (現在の提供地域:ホーチミン/ハノイ/ダナン/ホイアン/ニャチャン) デリバリーかピックアップか選べるので「デリバリー」を選択。   食べたことのある美味しいお店「RICO TACO」を発見したので、選択! プラスボタンを押すと買い物カゴに入るのでそのままお買い物続ける。 (強いて言うなら、商品画像が小さすぎるので商品イメージで選んだほうがもっとシズル感あってイイと思うw、商品画像がないものもあって謎だった。お店によりけりです。) ・住所 ・氏名 ・電話(到着したら電話来ます!) をいれて、 ・持ってきて欲しい時間を選択!…

ベトナムの穴場スポット「ムイネ(Moi Nei)」砂丘とは

ベトナム住み始めたばかりのMamimoonです。 ベトナムといえばなにを思い浮かべますか? きっと、バイクの波とかそういうちょっと雑多なThe東南アジアなところですよね。 るるぶ的なガイドブックを見ると、ホーチミン、ハノイ、ちょっと最近話題に出てきたダナンとかが掲載されています。 ただ、海に面したベトナムもビーチだったり意外な場所がたくさんあるんです。 先日ホーチミンから「ムイネ(Moi Nei)」に行ってきて、すごく良かったのでちょっと紹介。 ムイネ(Moi Nei)ってどこにある? ・ホーチミンから東へ約200キロ ・バスで行くと約3千円くらいでいけます。(約4-5時間) ・1995年からリゾート地開発 ・元々は漁村で、たまに道に牛とかいる リゾート開発されただけあって、かわいい南国らしいホテルやコンドミニアムがたくさん点在してます。 ここにはプールがあって、ビーチにも面していました。 (ビーチの透明度はまあまあ) 夜は音楽が爆音で鳴り響いて、みんなで夕食を楽しんでいましたよ。ベトナムっぽいです。 ベトナムに砂漠がある? なんと、最もオススメする理由はここには砂漠があるんです。 通称「White Sands(ホワイトサンズ)」そのまんまかって感じですがw 真ん中に見える、インディージョンズの乗り物みたいな車で砂漠を(わざと)下手な運転で激しく乗り回してくれます。 きゃーきゃー叫びながら楽しめました! (たしか500円くらいで運転してくれるはず、激安!) どうですか?エジプトに行かなくても、「砂丘をみれちゃう」「ビーチ楽しめちゃう」「アジアンフード」をたのしめちゃう♪ ホーチミンから近いので、ぜひ合わせての旅行をおすすめします✈️ ちょっと日本人に馴染みのない観光地なので、難易度高いと言う方は、日本語ガイドもつく 「ベトナムのオプショナルツアー予約」をすることをおすすめします!