電脳都市「深セン(シンセン)」でドローンを買ってみた。

通貨は使わず、全てスマホ決済。レンタサイクルが流行していて、その使用も全てスマホで解錠。街中はドローンが飛び交う。アキバの10倍?100倍?の広さを誇り、アキバから萌えをなくしたような電脳都市がある。 という噂を聞きつけ、「まずはその街を見てこよう、あわよくばドローン買ってこよう!」と思い電脳都市。行ってきました。 電脳都市「深セン(シンセン)」はどこにある 電脳都市と呼ばれるその街は中国、香港との国境付近のすぐそばにあります。(香港も厳密には中国か..) 私はベトナムから行ったので、ざっくりですがホーチミンタンソンニャット空港→香港国際空港→バス→電車(MTR)→深セン 香港からバスと電車を使って陸路でいきましたが、地味に歩くので荷物が少ない人におすすめです。 (私は2泊3日程度の旅行だったので、リュック1つでした😆) 日本から行く際も香港経由が便利なようですよ〜。 香港についたらバスを乗り継ぎ、いくつか電車に乗ると、国境に向かう道に辿りつけます。イミグレまで徒歩です。 深セン!とどデカく書いているの分かりやすいです。 国境くぐっただけなのに全然風景違う! イミグレを無事通り抜けると、ものの20-30分と香港から離れていないのに全然雰囲気が違う。。 香港はどちらかというと、東京に何処か似てるな〜という感じだったのですが(香港はもう俄然都会か〜) 深センは私がイメージしている中国に近いものがありました。 国境を出たらこんな感じw この目に悪そうな、電光掲示板が中国に来たな〜という実感を沸かせるw 深センに着いたのが夜なので、まずはホテルを探そうと思ったのですが、色々致命的なことに気付かされました。 滞在も短いので、今回は中国用SIMは使わずにフリーwifiで事を済ませようとしていたのですが、「まずほぼフリーwifiないw」 (ベトナムはどこいってもネットが通じる環境なせいか、その生活に慣れてしまっていました) どちらかというと、日本と同じレベルのwifiの使えなさ具合だと思います。 そして、やっとネットがある場所を発見したのですが、「Google Map使えないw」 中国はFacebook、Twitter、Googleなどほぼ海外のネットサービスは使えないように国が制限している!という初歩的なことを忘れてました…w まずは、気を取り直して中国版GoogleMapみたいなアプリで、かつオフラインで使えるやつをDLしたのですが、 「中国語onlyで何もよめない….w」「漢字でホテルが打てずに、検索かけれない…w」 「草はえすぎwwww」 みたいな感じで、、街中の人に英語名で書かれたホテル名を提示して、場所を聞いていたのですが、 「英語通じない…」 色々結構原始的すぎてやばいかもwと思っていたところに、香港からきているという少々英語が通じるカップルが!!!! 彼らがホテルの場所を分かるということで、その場所まで親切に案内して頂いて、やっとホテルにたどり着けました!!!!ヨカター。…