JAL_wifi5

【JAL国際線】機内でWifiが使えるか試してみたっ!

いつから始まったのかは分かりませんが、最近はJAL飛行機内でWifiが使える機体が飛び始めたようです。 特に国内線などでは、無料キャンペーンなどもやっていて、利用者促進をしているみたいでJAL自身も売り物の一つとして、絶賛売り出し中といったところでしょうか。 今回は、JALの国際線にほぼ1日中乗る機会がありました。乗った日は平日だったためにネット依存の私は「できれば機内で仕事ができたら!」ということで、これに期待して試してきましたのでレビューしたいと思います。 JAL国際線でWifiが利用できる便 JAL国際線でWifiが利用できる便はそもそも限られています。 どの便が利用できるのかは、事前に便名を知っていれば調べることが可能です。↓ [JAL国際線 機内Wifiサービスを利用できる便を調べるにはこちらから] 今回私が利用した便は、以下2つの便です。 ①マレーシア(クアラルンプール)→成田 ②成田→ハワイ(コナ) どちらも7時間以上の旅だったので(長すぎ…)絶対にインターネットが使えるだけで旅は変わると期待しました! 上のリンク先で調べたところ、どちらも利用できるとのこと!これでなんとなく、安心です。 あとは機内で設定し、機内wifiに接続してお金を払うのみです。 機内Wifiサービスが利用できると書いていても、利用できない便もあった。 だがしかし、上のリンクに機内Wifiサービスが利用できると書いていても、利用できない便もあったのです。。。調査不足でした(;_;) まず私が乗った、①のマレーシア(クアラルンプール)→成田の便なのですが、この便がJALで契約したものの、実際はJALではなく、JALのコードシェア便だったのです。。。 コードシェア(共同運行)便とは?: 提携する航空会社の機材・乗務員にて運航される。 チェックイン時間、機内サービス、幼児・小児の運送条件、イレギュラー時の対応なども運航する運航会社の規定に基づく。(JALサイトより一部引用) 実際のところ、機体にはガッツリと「マレーシア航空」と書かれており、機内に入ってもWifiサービスらしき説明もなく、7時間睡眠をし、成田までの旅行終了。 JALはたくさんの共同運行便があるようなので、 「自分が乗る便はコードシェア便ではないか?」そのコードシェア便はWifiがOKか(この場合そのコードシェア便のサイトに行かないと確認できない可能性がある)、予約の明細は必ず先にチェックしておきましょう。 機体搭乗の際にWifiマークがあれば、Wifiが使える便 次に②成田→ハワイ(コナ)に乗った便ですが、こちらはコードシェア便ではなくしっかりとJALの機体でした。 搭乗の際に入り口の右側にwifiマークも! 「これは絶対使える!!!」とワクワクして席についたところ、Wifi機内サービスの案内のしおりが席にありました^^ JAL国際線機内Wifiサービスは有料で、時間制 上記がしおりのTOPページになりますが、基本的にはJAL国際線の機内Wifiサービスは「有料」で(JALカード決済だと少しだけお得に)そして、時間制です。 ※VIPとかだと込なのかもしれませんがエコノミーの話…

ハワイ島コナ国際空港で使えるWifiカフェは一択

ハワイと言えば、観光地としてはオアフ島がメイン。 ハワイ島の方には行ったことがある人は少ないのではないかと思うので、空港のWifi情報をまとめたいと思います。 (実際に自分も事前に調べたけれど、全然情報が出てこなかった….) ハワイ島には空港が2つ ハワイ島には空港が2つあリます。 西側に位置するコナ国際空港(Kona International Airport)と東側に位置するヒロ国際空港(Hilo International Airport)です。 コナ国際空港は日本からの直行便が出ている、ビーチもコナの方がアクセスしやすいということもあり、日本人の方はコナ国際空港の利用が多いかと思います。(ヒロ国際空港の方は、火山や熱帯雨林などを散策したい場合におすすめ) 今回は利用者も多いコナ国際空港の情報です。 ハワイ島コナ国際空港のWifi事情 初めてコナ国際空港に降り立つ人は驚くかもしれませんが、コナ空港は基本的に屋根しかありません。 というか、何もありませんw 出発の際はゲートを抜けると、「お土産ショップが1つ、カフェが1つ、小さなコンビニ1つ、免税店(酒)の棚が1つ」だけあります。 ただ、一番困るのは到着ゲートに降り立った時の何もなさです。 人の待ち合わせをしていたので、空港で2h待つ予定でしたが2h待つのも厳しいレベルでした笑 まず、情報をアクセスするためにwifiを繋げようとしましたが、Wifiがない….. Airport Wifiらしきものは見つけたのですが、従業員用かな?アクセスできません。 周辺にカフェを探そうかとおもい、縦に長いこの空港を歩いてみましたが、ない……。 日差しが強い中、水も飲まずに途方にくれていると、近くの従業員の方達が利用しているような小さなレストラン?フードコート?のようなお店を一つだけ発見しました。 そこにはなんとWifiがありました!!!お店の名前は「KBS snacks」 ちょうど空港の真ん中の向かえ側に位置しています。 2~3往復してもレストラン1つ見当たらなかったので、コナ国際空港のwifiはここが一択でしょう。 出発ならまだしも、到着ゲートで待つことは絶対におすすめできません笑 しかもインターネットなしで立ち尽くすのは、、人間観察しかやることないです笑 ハワイ島に行く前には事前にWIFI等の通信を用意すべき…

【クアラルンプール チャイナタウン】カフェホッピングできるWifi有りカフェまとめ

東南アジアといえば、日本に比べてwifiのセキュリティも甘くアクセスし放題!と思っている人も少なくないはず?ですが…. マレーシアの首都クアラルンプールでこの幻想が見事に打ち砕かれました。。ネットは使えても、時間制限あり、そもそもカフェの数も心なしか少なめ? 個人的にネットは命綱なので、、足で稼いだwifi情報を備忘と誰かの役に立つことを込めて、ここにまとめたいと思います。 ご紹介するカフェは、以下の条件でピックアップします。 ・クアラルンプールのチャイナタウン近辺に点在する ・スムーズにインターネットにアクセスできる(最低でも15mbps) ・長時間居座っても嫌な顔されない ・長居して心地悪くない Mingle Cafe まず最初にご紹介したいのが、こちらの「Mingle Cafe」Mingle(名楽)と言うゲストハウスに併設されているかカフェです。 ゲストハウスの朝食もここで食べれるようになっているため、朝は7:30~くらいオープンしていて朝早く使えるのがGood。 ゲストハウスに泊まっている客の利用が多いためか、西洋人比率が高めです。 奥行きのある作りになっていて、奥まで行くと広いテーブルもあります。 ただ、、、食事は創作料理っぽかったのですが、あまりお勧めできません。カフェは美味しかったです。 作業する分にはコンセントもあり、長居しても嫌な顔されずやりやすかったです。 Leaf & co Cafe こちらは、Mingle cafeの隣にあるカフェ。ちょっと仕様がわからないですが、Mingele cafeとこちらのカフェの上が同じゲストハウスになっていますね。 古いビルを改装してつくった何とも味のあるお洒落な内装です。真ん中が吹き抜けになっていて、開放感があります。 伝統的なマレーシア料理のナシレマを食べました。 メニューは野菜が多めのヘルシーなものから、マレーシア料理、ケーキなど幅広く、カフェというよりご飯利用したい方に良いかもしれません。 もちろん、wifi,コンセントありましたが、ちょうどいい机と椅子がなく疲れてしまうので長居は厳しいかもしれません! ランチの時間帯にぜひどうぞ。 Lucy in…