Neighborhub coworking space|ホーチミンのコワーキングスペース試してみた

最高の作業環境を求めて、日頃ホーチミン、1day コワーキングスペースめぐりを続けていますが… 今回はたまに行ってもいいかな?というコーワキングスペースにめぐり合えました!! 他のコワーキングスペース記事はこちら↓ 今回訪れたのは、ホーチミン1区にある「Neighborhub coworking space」です。 内装と雰囲気は? ちょっとPOPな感じ。(パノラマにしてみた、見にくい….) 席は30席くらいでしょうか。奥の方には部屋が1つあります。 小さいですがモニターもありました。 私のお気に入りポイントはこのバルコニー! 丁度、円形の交差点(中に噴水らしきものがある)に面しているので、 目の前が開けていて、いい気分に浸れますw (排気ガスは….気になるかもしれませんが。モウナレテキタ…) テーブルのタイルもベトナムっぽくてかわいい! (夜は夜で虫が気になるかもしれませんが。モウナレテキタ…) 客層は、他のコワーキングスペースは西洋人が多いイメージがあるのですが、 ベトナム人のハイソな人たちが多いイメージでした。 そこまでコミュニティー感はないですが、適度に人も出入りしていて、寂しくはないです。 唯一のBAD POINTをあげるとすると、机と椅子がカチカチだったことでしょうか。 それ以外は◯! 費用は? 1hour:25,000VND(=約125円) 1day:120,000VND(=約600円) 1week:500,000VND(=約2,500円) 1ヶ月の契約はなさそうでした。。。。 でも1ヶ月行ったら約1万円なので、 その他のコワーキングスペースと大差ないですね!…

The roof top garden co-working|ホーチミンのコワーキングスペース試してみた

またまた、カフェホッピング難民の私は、コワーキングスペース1dayで行ってきました! 前回訪れたコワーキングスペース過去記事はこちらから⬇ 「Ka Koncept|ホーチミンのコワーキングスペース試してみた」 今回行ったのは、激安!!コワーキングスペース 「The roof top garden co-working」です。 内装と雰囲気は? じゃんっ!内装はズバリこんな感じです。 名前にThe roof topとあるんですが、本当にルーフトップでしたw クーラーはないです….。 大事なことなので、もう一度いいます。 「クーラーはないです!!!!!!泣」 でもこの日は少し涼しくて、普通に仕事できました。(暖かくて眠くなりましたが。) ただただ…..虫!!!!! めちゃめちゃでかい、今までみたことのない大きさのピンポン玉級の!! 蜂みたいなのが3匹も飛んできて、なんっにも集中できませんでしたが。 ということで、若干室内っぽいところに退散し、こちらで作業。 ここには扇風機はありましたので、特に暑さは気になりませんでした。 椅子と机は固め…..長時間向きではない。 一応ドリンクとビールも置いていて、10000ドン(=約50円)を上の貯金箱みたいなのに入れると ペットボトルの水、お茶、ジュース等が飲めました。 (若干年季感じられましたがw) 更に下がると、もう一つ机と椅子のセットがあります。 超手前の茶色のやつ。…

世界に誇れる、ベトナムの発の本物のブランドは?

日本では、世界へ誇れるグローバルブランドとしてTOYOTA、HONDA、CANON等に並んで「UNIQULO」がランクインされたそうですが、ベトナムはどうなのでしょうか。 お土産に買える雑貨はあるけど、、、ブランドってあるの? (コピー品や他国のブランドの衣類は作っていたりするけど…w) 周りに聞いた情報や、自分が知っている情報をまとめてみました。(少ない…) ベトナム発ブランド:食品部門 Marou Chocolate(マルー チョコレート) 近年は、高級チョコレートとして日本の百貨店などでも売っていることも多いですが、実はベトナム産。 フランス人の2人によって制作されたチョコレートです。 実はあまり知られてはいないですが、ベトナムには良質なカカオ農家がありますが製品品質が悪いため、世にはでてこなかったとのこと。 生産から製造まで彼らが管理することによって、良質なチョコレートを生み出しました。 今では、高級チョコレートとして、板チョコ1枚で1000円程で売られていたります。 ホーチミンにはMarou caffeeもできているので、カフェにで一息つきがてらチョコレートを是非お土産にひとつどうぞ。 (あ〜チョコレート食べにベルギーに行きたくなってきた!!!w) Trung Nguyen g7(チェン グエン g7)コーヒー こちらはかなり有名かもしれません。 ベトナムはコーヒーの世界2位の生産地です(家にあるコーヒーパッケージの裏面見てみて!だいたいベトナム産。) そのベトナムの伝統的な形で淹れたコーヒーをベトナムコーヒーと呼びます。結構濃い。 そして、ベトナムコーヒーをお湯を注ぐだけのインスタントで飲めるのがこのチェングエンコーヒーのg7シリーズです。 だいたい観光客の方はこちらを購入しているので、頂いたりして知っている方も多いかもしれませんね。 ベトナム発ブランド:衣類雑貨部門 ipa nima(イパニマ) 雑誌のVOGUEにも載った有名なデザイナーズブランドです。…

シンガポールのSIM購入はコンビニで。

ずっと行きたかったシンガポール!先日仕事で行く機会がありました〜♬ まず、自分が住んでいない国にいくとき一番重要視するのは… パスポート、服装とか色々あるんですが、一番重要なのはネット!!!ではないですか? 仕事柄も使うし、初めて国に行くならなおさら! ネットがないとただの無力の人間に成り果てます。笑 日本でも、SIMフリースマホを次第に持つ人が増えているので、 最近はポケットwifiを借りずに旅行先のsimを購入する人は多いのでは????と思います。 今回はその前提での記事です! シンガポールのSIMはコンビニで 今回言いたいことはこれだけですw 「SIMはコンビニで買った方がいい」ということ! 基本的にはSIMは空港で売っていますが、最低価格が結構高めのものが多いです。 メーカーもたくさんあり、個人的に調べた結果、 「Singtel」というのが良さそうだったのですが、 30$と50$のものしか空港には置いていなく、 30$はだいたい5日分ということで、4日滞在の私はこちらを購入しようと思いましたが….. なんとSold Out。。。 そんなことある?どんだけ人気? と思いながらも、他のメーカーも50$くらいしか最低価格がなかったここと、 コンビニでも売っているということを知っていたので、空港で買うことは断念しました。 $15でSIM購入できた 街にでると、至るところにコンビニがあります。 特に地下鉄に乗ると、1駅1駅に必ずあるといってもいいでしょう。 私は駅に併設の日本でおなじみのセブンイレブンで購入しました。 空港で売っていたsigtelも置いてありそうでしたが、sold outとのこと。 代わりにだしてくれたのが、「Star Hub」というもの。 なんと$15です。…

コスパ重視!ホーチミン、お手頃なローカルジム第2弾

「カリフォルニアフィットネスや、fit24はもう行ってみた。」 「質はいい、でもベトナムにしては料金日本と一緒でちょっとやだw」 と思っている人は案外いるんじゃないかな〜と思い、 現地のしっかり身体を鍛えている若者が行ってそうな The ローカル感あふれるジムを前回紹介しました。 前回の記事はこちら「コスパ重視!ホーチミン、お手頃なローカルジム」 今回もそんなジムを求めて、第2弾、ローカルジムに1dayで遊びに行ってきました〜♬ 今回行ってきたのはSaigon Zooの裏らへんにある「Yet Kieu」というGymです。 (Swimming poolと併設されてます!系列のようで、他にも店舗がいくつかあるみたいです。) 簡単に、 良かった点(Good Point)を3つ、 惜しかった点(Bad Point)を3つまとめてみました! まずは……良かったトコロから! Good Point①:破格の値段設定 「カリフォルニアフィットネス」や「fit21」は外人や、ベトナムの芸能人なんかも通う 結構な良い値段設定なんですが(※日本と比較すると普通です。) 今回行ってきた「Yet Kieu」というGymは 50,000VND(=約250円)/DAY !!!! という超破格値段設定でした。 月で行っても2500円で、 3ヶ月,6ヶ月の契約をするともう数百円程度ずつ下がっていきます。…

Ka Koncept|ホーチミンのコワーキングスペース試してみた

ホーチミンはどこのカフェもネットが当たり前だし、コンセントもたくさんついていて、 ネットでポータブルに仕事する人にとっては、かなーーり優しい場所だなって思っているんですが….. ですが、、、 私はよくオンラインで打合せすることが多いんです。 そのときに気になるのが周囲の雑音ですね、ひっきりなしのクラクションはもちろんのこと、 カフェによっては、爆音のイケイケの音楽をかけているところが多いので、気になって集中できないことがあります。 ということで、先日は気分を変えて、静けさを求めて、 1dayでコワーキングスペースを試してみました! 行ったのは「Ka Koncept」さんです。 内装と雰囲気 まずは、場所が7階にあるので一見見逃してしまうのですが、下がホテルの建物にあります。 ここが入り口です。 ホテルのロビーか?と思ってしまうのですが、そのまま突き進むとちょい古めのエレベーターがあります。 エレベーターで7階を押すとすぐにK konceptの入り口です。 一気にモダンな感じ。 中に入るとだだっ広い、場所になります。 普段は左側がShopとして企画品の展示、右側がコワーキングスペースとして使えるようです。 この日は時計のShopが展示されていました〜(誰も見ていなかったけどw) 奥の方にはプチステージもあり、ここで貸切イベントを開催することもあるようです。 費用は? この日はあまり時間がなかったので、NOMADプラン(4時間)を選択!90Kなので、約450円でした! 2ドリンク付きで、コピー等も無料でつかっていいそうです。カフェにいくよりお財布に優し〜。 会議室も1つだけありましたが、追加で費用がかかるそうです。 お水もボトルで運んできてくれたりと、手厚い感じでした。 ネットについては、かなり安定して高速だったので問題ない。 物足りなさでいうと、人が2.3人くらいしかいなくて、コワーキングスペースというより、スペース?と言った感じで、 人との交流を求めている人には、残念な感じかもしれないです…。 静かさを求めたいという人にはぜひ..!…