5年で5倍に成長したベトナムEC市場の未来は明るいのか?

ものすごい勢いで成長していると言われている「ベトナム」のEC市場。 実際はどの程度の成長しているか、他の東南アジアと比較してどうなのか、どんなプレイヤーが占めているのか、今後どんな可能性があるのか、リサーチしてみました。 (※個人の調査によるものです。信ぴょう性は保証しませんので、参考程度にご確認ください。) ベトナムの EC 市場 ベトナムの EC 市場ですが、 2017年のベトナム市場規模は約1240億円。 2012年に250億だったのでそれと比較すると、5年で約5倍に成長しています。 成長率としてはかなりものすごいスピードなんじゃないでしょうか。 ただ規模としてはまだまだと言えるかと思います 日本の EC 市場と比較してみると、日本の EC 市場規模は約16.5兆円(2017年)になっています。 わずかベトナムは日本の0.7%の規模にしか過ぎません。 他の東南アジアと比較するとどうでしょうか。 市場規模としては実はタイ、マレーシアと近い水準であります。 (タイやマレーシアはベトナムより発展しているが、人口は少ない。) やはり東南アジアの中で一番市場規模が大きいのは、最も人口が多いインドネシア、ついで所得水準が高いシンガポールとなっています。 その後続くのがタイ、ベトナム、マレーシアとなります。 ベトナムのインターネット事情 ベトナムのインターネットの普及率は78%(約7400万人) 2013年と比較して約30%近く増加していて、この普及率がEC取引を後押ししています。 ここ四年で、半分以下だったインターネットの普及率がほぼ8割程度を占めるようになりました。 そのせいもあってか、なかなか店舗とインターネット販売のすみ見分けが難しい状況になっているそうです。 というのも今だにインターネットで商品をチェックして、店舗に行ってキャッシュで買いたいと消費者は思っています。…

打倒!無印、ユニクロ?東南アジアでひしめき合う日本人が知らない雑貨店

ホーチミン在住1年を過ぎようとしていますが、常に目にするショップがあります。 これは「無印良品」「ユニクロ」「ダイソー」なのか?と思ってしまうほど酷似したショップなのです。 全ての店舗が同じように見えて、同じお店がたくさんあるものだと思いこんでいたのですが、どうやら名前が一つだけではない。 「MINISO?」「MINIGO?」「MUMUSO?」全て違うショップ名。 もしかして、全部経営が違うのかもしれない?????? ということで、明らかにベトナム企業ではないのですが、日本風に見えるこれらの店舗の企業の実態を調べてみることにしました! MINISO メイソウ 名創優品 まずはじめに、もっともホーチミンでよく目にするため店舗数が一番多いのではないかと思うこの店舗「MINISO」です。 販売しているものは、電化製品機器周り、筆記用具、衣類雑貨、靴、コスメ、食器、消耗品、インテリアグッズ等々多岐にわたります。 価格も手頃で、安いものは数百円のコスメから、二千円くらいの電化製品までがマックスなラインナップです。 店内に入ってみると、日本語の表記があちらこちらにあります。 よくよく商品をみると、全ての商品に「MINISO」の文字が。 どうやら販売している商品は全てオリジナルブランドで製造販売されているようです。 商品の裏表記をみると、説明書きは英語と日本語で記載があり、販売会社は日本名。 また、商品自体は「Made In Japan」とのこと。 「株式会社 名創優品産業 」が生産しているようです。日本企業なのでしょうか…? 日本では東京に住んでいた私ですが、未だに1度もこのSHOPは見たことがないです。 (※調べたところ、実際には日本に4店舗ありました) ということで、どんな実態かもう少し調べてみました。 【名創の実態】 ▲MINISOの公式HP まず、公式ページですが、「ユニクロ」のページに酷似している気がします。。。w ロゴのせいでしょうか。最近のコーポレートサイト等はデザインもフォーマット化されているのでそのせいもあるかもしれません。 ▲ユニクロの公式HP…

Heineken(ハイネケン)からみる、ベトナム若者向けのマーケティング

先日2018年5月4日、「Heineken(ハイネケン)」+「F1」主催のフェスイベントがホーチミンの2区で開催された。 ただこのイベントが、単なる「Heineken(ハイネケン)」と「F1」のスポンサードがついたフェスイベントと思ってしまって見逃してはいけない。 日本では、Ultraなどの海外のフェスがはいってきて、「フェス」が若者リア充の典型例となってきて数年たつが、そこには必ずアルコール会社のスポンサーはお決まりだった。 例えば、2015年のUltra Japanでは「Budweiser(バドワイザー)」や「Sminof(スミノフ)」がスポンサードの1社となり、SNSにシェアできるようの特設のPhoto Boothなどが設けられていた。 「Heineken(ハイネケン)」もフジロックなどでスポンサーしている。 (続き) #ultrajapan2015 の #バドワイザー ブースでは、DJ気分が味わえるフォトブースが登場!皆さん、最高の笑顔でした!(≧▽≦)#budweiser #ultrajapan pic.twitter.com/7IzqSO8pHT — BudweiserJapan (@budweiserjp) October 2, 2015 💖萌美❤️さん(@moemin_megumin)がシェアした投稿 – 2017年 2月月14日午前9時32分PST 上記のように、若者たちが一斉にリア充写真をSNS上に投稿していたので、ブース前で写真を撮ったものが、若い友人がいる人、またはあなたがフェスに行くような年齢ならタイムラインに流れてきたことだろう。 「若者のクールな場にある、◯◯のクールなアルコール」 というイメージを印象づけることができる、楽しい「コト」に寄り添うイマドキらしいブランディング手法だ。 ただ、これらのイベントは「Ultra」(またはそれ以外のイベントの)がフェスを運営している中で、スポンサーとして、いくらかお金を出してブースを設置させてもらっているだけにすぎない。正確にはわからないが小さなブース設置で数百万円程度の費用を支払っているかと思う。 ただ、今回行われたイベントは「Heineken(ハイネケン)」と「F1」が主催するイベントだった。 どんなフェスだったのか…

10分でつくれる!LINE Creators Studioでスタンプつくってみた。

LINE株式会社がLINEスタンプをスマホでつくれる「LINE Creators Studio」アプリをリリースしたみたいなので早速つくってみました! 前からつくってみたいと思ってたものの、デザインにこだわらなければ10分もしないでつくれましたw 感想「なにこれ、超簡単。」 誰でもクリエイター時代到来の予感。 (元々LINEスタンプは審査待ちがカナリ長いと言われてたのですが、これで更に審査が長期化しそうですね。。。。ここをAIとかでできればいいのにw) つくりかたは…. 多分ここに書く必要がないくらい直感的で簡単です。 タイトルを決めて、文字で書くか、画像を使うか、カメラを使うかをまずは選択! わたしは、「へのへのもへじ」でテキストで書きましたが、カメラの場合はそのまま対象物を撮って、すぐにトリミングができる仕様になっています。       実際に私が10分もみたない時間でつくった、スタンプはこちらw                 前にベトナム語のスタンプを探したら全然なかったので、ベトナム語を話す超怠惰なへのへのもへじネコをつくってみました!合計8スタンプ♪販売価格120円!w つくったら、そのままほぼワンプッシュで申請までできるのがLINE直営のいいトコロ! これだけ簡単につくれるようになった分、絶対審査の待ちは長いですが、自分のスタンプがこんなにも簡単に使えるようになるのはただただ嬉しい。 LINEへの愛着も湧くし、(稼げるかは分からないけど)色々な人が気軽にクリエイターになれるのはいい機能!サービスだと思う。 いつかそんなサービスをつくりたいです。 See You~

ベトナムのLINE?海外IPOに挑戦のVNGとは

最近ベトナムで初のアメリカで、テック企業VNGが株式公開するかもしれない!というニュースが!! ソースはこちら (日本語版) ベトナムは外国企業誘致、特にIT系の誘致は積極的なので、 外資(特に日本?)がたくさん参入して、オフショア開発は今では有名なお話。 なので、外資のIT系のお話はベトナムではよく聞くのですが、 ベトナムの企業がIPOを目指すとは!結構ビックニュースじゃない?と思い「どこぞの会社!?」と思い見てみると、 VNGは2004年創業のベトナムでは超有名サービスを作っているところでした(社名として知らなかったのちょっと恥w) ひとつはベトナムに来て初めてDLしたアプリ:Zalo! ベトナムで絶大な人気を誇るコミュニケーションアプリZaloです。 日本でいうLINEと同じ存在。(Wechatの方が近いかな?) どんなアプリを連絡手段として使っているのか聞くとでてくるのが、FacebookとZaloの2択! だいたい、世界はFacebook+その国で発展したメッセージングアプリを使っているところが多いですね。 Zaloは既にダウンロード数ベースで7000万ユーザーいるとか。 メッセージングなのでアクティブも8割はいってそう。 (LINEはアクティブが2017年4月現在6600万らしぃ) ミャンマー、韓国、マレーシア、台湾等周辺アジア諸国の人が使っていることが大きいですね。 で、私も実際に使ってみているんですが、、、、 なんといっても違いは「ご近所さん検索機能」もはや、tinder?happen?的な出会えちゃう系です。 性別、年齡、自分の位置からの距離で絞って検索することができます。 ログイン状態にしておくと、だいたい5通くらいは友達申請が!きて、承諾するとそのまま会話をすることができます。 (まだ会ったことはありませんwが、オンライン上の友達はたくさんできました^^) どうやらこの機能が人気を博してZaloは広まったと聞きました〜 平均年齡約27歳のベトナムはいきなりスマホネイティブ世代をたくさん抱えているので、 オンライン上で出会うことも抵抗なく、経済成長(認識していないと思うけど)を楽しんでいるのかなと。 もうひとつは:Zing ZingはZing.me/Zing.TV/Zing.vn/Zing.mp3 などたくさんあるのですが、 多分いちばん若者に使われているのはZing.mp3なのではないかなと思います。(肌感) mp3は音楽が聴き放題で、だいたい皆スマホにこのアプリが入っていてYoutubeではなく…

ベトナム版Uber Eats?「Vietnammm.com」を使ってみた

私の現在住んでいるベトナムのお家は、実はエレベータなしの5階。 ・更に周りに食べられるお店がない。 (正確に言うと出店はあるけど、ベトナム在住1ヶ月強ではまだ挑戦できるレベルのお店ではない) ・コンビニも徒歩10分弱。 ・そして今は雨季ですぐにスコールが降る。 ・結構状況が悪いので、ご飯はいつも買いだめすることが多い 更に、元々日本にいたときから「Amazon」と「Uber Eats」のヘビーユーザーだったので….. 「食」という3大欲求叶えるの、どんだけ大変なったの?って思っているココ最近だったんですよ。 今日もまた出かけようとしたら雨が降ってきて、「Uber Eatsあればな〜」って思って、 「ちょっと待てよ?ベトナムデリバリー文化結構根強いっていってなかった?」と思い サーチしてたら、いい感じのがあったー! 「Vietammm.com」 vietnammm アプリで注文してみた アプリがあったので、アプリから注文♪ まずは通りを選択すると、近くのお店がずらりとでてくる。 (現在の提供地域:ホーチミン/ハノイ/ダナン/ホイアン/ニャチャン) デリバリーかピックアップか選べるので「デリバリー」を選択。   食べたことのある美味しいお店「RICO TACO」を発見したので、選択! プラスボタンを押すと買い物カゴに入るのでそのままお買い物続ける。 (強いて言うなら、商品画像が小さすぎるので商品イメージで選んだほうがもっとシズル感あってイイと思うw、商品画像がないものもあって謎だった。お店によりけりです。) ・住所 ・氏名 ・電話(到着したら電話来ます!) をいれて、 ・持ってきて欲しい時間を選択!…