Heineken(ハイネケン)からみる、ベトナム若者向けのマーケティング

先日2018年5月4日、「Heineken(ハイネケン)」+「F1」主催のフェスイベントがホーチミンの2区で開催された。 ただこのイベントが、単なる「Heineken(ハイネケン)」と「F1」のスポンサードがついたフェスイベントと思ってしまって見逃してはいけない。 日本では、Ultraなどの海外のフェスがはいってきて、「フェス」が若者リア充の典型例となってきて数年たつが、そこには必ずアルコール会社のスポンサーはお決まりだった。 例えば、2015年のUltra Japanでは「Budweiser(バドワイザー)」や「Sminof(スミノフ)」がスポンサードの1社となり、SNSにシェアできるようの特設のPhoto Boothなどが設けられていた。 「Heineken(ハイネケン)」もフジロックなどでスポンサーしている。 (続き) #ultrajapan2015 の #バドワイザー ブースでは、DJ気分が味わえるフォトブースが登場!皆さん、最高の笑顔でした!(≧▽≦)#budweiser #ultrajapan pic.twitter.com/7IzqSO8pHT — BudweiserJapan (@budweiserjp) October 2, 2015 💖萌美❤️さん(@moemin_megumin)がシェアした投稿 – 2017年 2月月14日午前9時32分PST 上記のように、若者たちが一斉にリア充写真をSNS上に投稿していたので、ブース前で写真を撮ったものが、若い友人がいる人、またはあなたがフェスに行くような年齢ならタイムラインに流れてきたことだろう。 「若者のクールな場にある、◯◯のクールなアルコール」 というイメージを印象づけることができる、楽しい「コト」に寄り添うイマドキらしいブランディング手法だ。 ただ、これらのイベントは「Ultra」(またはそれ以外のイベントの)がフェスを運営している中で、スポンサーとして、いくらかお金を出してブースを設置させてもらっているだけにすぎない。正確にはわからないが小さなブース設置で数百万円程度の費用を支払っているかと思う。 ただ、今回行われたイベントは「Heineken(ハイネケン)」と「F1」が主催するイベントだった。 どんなフェスだったのか…