ミャンマー観光。旅本に載ってない、蛇寺の話し。

1年ほど前にミャンマーに一人旅に行ったときの話しです。 どうしても忘れられない場所だったので、備忘のために。 ミャンマーといえば何を思い浮かべますか? 旅好きな人だったら、中心都市「ヤンゴン」、歴史的建造物が残る「バガン」、水の街「インレー」でしょうか。 そこまで東南アジアに行ったことない人だったら、漠然と「貧しい国」武装勢力がいる「危ない国」? ミャンマーはここ数年で民生移管を果たし、やっと世界との繋がりを持った 「アジアのラスト・フロンティア」であると言われていることを知り 「ラストフロンティア」を感じられるのは今しかないと思い、興味本位で訪れました。 もちろん例に漏れずに「ヤンゴン」「バガン」に。時間的関係もあり「インレー」は断念し この2都市のみを訪れようと思っていたのですが、(実際に両地域に行きましたが) どこか懐かしいような?神秘的な?場所が「ヤンゴン」から程近いところで発見してしまい、 最終的に旅程のほとんどを「ヤンゴン」周辺で過ごすことになりました。 ヤンゴンでのできごと①川を渡る (↑ヤンゴン:ダウンタウン) その場所はヤンゴンから川(海?)を渡った「Dala(ダラ)」という場所にあります。 後から知ったのですが、ここはヤンゴンの最貧地区でした。 そもそも何故ここに行くことになったのかというと、ヤンゴンで(一見怪しい?)男の子に声を掛けられ仲良くなり、 彼がこのDalaに住んでいるらしく案内してくれるからということでした。 東南アジアでよくあるボッタクリの案内人でないことを、なんとなく感じ取れたので、 見たいもの知らずで彼についていくことにしました。 まずはヤンゴン,ダウンタウン中心寺「Sule pagoda」で待ち合わせをしました。 そこから徒歩10分くらいのところに港(Pansodan)があります。 船がでているので、その船に乗ると15-20分もせずにDalaに着きます。 まずこの船なのですが、なんと日本人は無料で乗船ができます。 JICAの無償資金協力により日本が寄贈した船だそう、船場の奥におじさんがいるので、 「日本人だよ」といえば、名簿に名前を書くだけで無償で船に乗ることが出きますw (↑Pansodan 港) 老朽化の激しい、200人は乗れそうなこの船に載って真っ黒な川を渡ると…