旅行で大活躍!間違いないコスパ最強セルフィースティック

今更ですが、自撮り棒(セルフィースティック)購入しました! 最近360度カメラ(insta360 one)を買い換えたのですが、それに使いたかったため購入。 そのセルフィースティックが予想以上に使えたのでご紹介したいと思います。 探していたセルフィースティック条件 ・50cm以上の長さ(短すぎると意味ない) ・重さ300g以下(重いと結局持ち歩かなくなる) ・紐付き (よく落とすので…) ・1/4ねじ付(360度カメラを取り付けられるように) ・スティックの下に3脚をつけられるようにネジ付き ・スマホセット付き(できればスマホでも撮影できたら便利) ・3000円以下(よく壊すので、これくらいの価格がベスト) 探していた条件は、上のように6つも条件がありました。 これは条件が多すぎてなかなか見つからない、、、1つ欠けたりして。 実際に購入したスティック 正直セルフィースティックは多種多様な会社が出しているので、山のようにあるのですが、私が購入したのはこちらの「HSU」というものです。 全ての希望通りの条件がマッチしていました。 ・50cm以上の長さ(短すぎると意味ない) →最長91cm ・重さ300g以下(重いと結局持ち歩かなくなる) →163g ・紐付き (よく落とすので…) →あり 取り外し可能 ・1/4ねじ付(360度カメラを取り付けられるように) →あり ・スティックの下に3脚をつけられるようにネジ付き →あり ・スマホセット付き(できればスマホでも撮影できたら便利) →あり ・3000円以下(よく壊すので、これくらいの価格がベスト)…

身軽で旅するために、荷物見直しました

約1年3ヶ月前、東京での7年の生活で増えすぎた荷物をベトナムに住むことを理由に、半ば強制的に「80Lスーツケース1つ」「50Lの旅行バック1つ」のみ残してその他は処分してきました。 当時は、あたかもミニマリストになったかのようで身軽な気分でいたのですが….. たった1年3ヶ月の間に3度の引越し,複数国への旅行をするうちに、このスーツケースと旅行バックが煩わしくなってきました。 今回、日本に長期間(2ヶ月ほど)帰る機会があったので更に!!断捨離をしてみたので、その1部を公開します! 断捨離の基準 私の断捨離基準は「重量」「サイズ」がメインです。 というのも、旅行に行ったり、日本に帰国するのに利用する飛行機は格安航空券であるLCCを利用することが多いのですが、その預入荷物の制限に引っかかってしまうことが多かったからです。 LCCは航空券を安く提供する代わりに、預入荷物や機内での食事等が有料になっています。航空券を安く抑えたくても、預入荷物でお金を取られてしまって、結局普通の航空券をとっても同じ。 ということもしばしばありました。 できるだけ費用は抑えて、荷物も少なくして、身軽でいることがどれほど自分の身を精神的にも経済的に自由にしてくれるのだと身をもって感じたので、「重量」「サイズ」を重視しています。 普通の断捨離はそもそも持っている「物の数を減らす」ということに重点が置いているかと思うので、どちらかというと自分の断舎離スタイルは「旅人」に近いと思います。 置き換えしたもの ①スーツケース ものを減らすことに重点が置かれがちですが、「重量」「サイズ」に重点を置くならば買い替えによってものをキープすることも可能です。 今まで常に持ち歩いているけれど、なかなか変えることがなかった「スーツケース」の買い替えを行いました。 以前使っていたスーツケース。単純にカラーに惹かれて購入した無名のスーツケースで、上野で購入しました。当時でも軽いものを選んだつもりでしたが、重量は単体で4.9kgほど….。容量はおそらく85Lくらい。機内に預けられる重量の1/4を占めちゃってます。 ということで私が買い替えたのは、世界一強く、軽さに定評がある 「サムソナイト(Samsonito)のライトショック 」73L容量の 2.3kgです。 最も有名な「コスモライト(Cosmolite)」というシェル型のスーツケースよりも同じ重量でも、容量は 5L大きいためこちらに決断。 4.9kg→2.3kg マイナス2.6kgの断捨離に成功! こちら本当に気に入りました。スーツケースに羽が生えたようですw SAMSONITE LITE SHOCK SPINNER 69/25 [62765]…

「デジタルノマド」や「リモートワーカー」にホーチミンは向いているか。

「デジタルノマド」という概念が登場してからもうしばらくたったように思いますが、国の「働き方革命」により「リモートワーク」を推進する企業も増加し、会社全体が完全に「リモートワーク」という会社も増えてきました。 私自身もベトナムに居住しながらも、たまに周辺諸国を旅をしながら「デジタルノマド」のような生活をしているわけですが、ホーチミンに来たのは元はといえば転職だったので、特に憧れていた訳ではなく気づいたらそのような状況になっていました。誰もが場所を選ばない働き方をしやすくなっているかと思います。 日本の労働環境を見ても、住まいや性別に限らず数ある「労働力」は活用していかなければならない状況になっていっていると思うので、1つの場所に集中して働くというのはさらに少なくなっていき、さらに「場所を選ばずに働くスタイル」は普通になっていくと思ってます。 そんななかで、今私がいるはベトナム「ホーチミン」は自由なワーカーの働く場所として向いているのか?という事を今回はまとめてみました。 「ホーチミン」は自由なワーカーの働く場所として向いているのか? 「Nomad list」というノマド向け情報サイトによると、実は世界の都市の中で、ノマドのしやすい場所としてホーチミンは6位でした。(2018/5/28現在) (ノマドたちの評価によって変化するような仕組みなので、見る時期によって前後するかもしれません。) 1位は現状はタイのチェンマイになっていますが、インドネシアのウブドになったり、割と前後しています。 実際に、東京を見てみると、なんと220位…….向いてないなw どんな項目によって評価されるのかというと、wifi環境/物価/治安/英語/気候/幸福度/空気/夜遊び/など色々な細かな項目によって構成させれいるようです。 ホーチミンの細かな評価は上記のような感じです。 上記について、私自身1年住んでみて「感じるところ」「信ぴょう性」という観点から詳細付け加えてみたいと思います。 -「Good」「okay」に評価されているもの ▼Internet/Free wifi in city こちらは18mbpsとなっていますが、割と近いです。 これよりもいい場合もありますが、だいたい10mbpsとかオンラインミーティングに支障がないくらいはwifi速度になっているところがほとんどです。 また、だいたいのカフェやレストランに無料wifiがついているので、そこはめちゃめちゃプラスポイントですね。 ▼Air Quolity これは……「not bad」or「bad」かと思います。 バイクで走る人が多いホーチミンでは、実際現地の人もみんな常にマスク着用しています。 インドとかよりは良いかもしれませんが、いずれにしてもよくはないと思います。 ▼Safety たしかに、女性1人で夜でも歩けるレベルかと思います。 ただ、友人は割と携帯のひったくりなどに合っています。でもそこは自己管理なので、世界的にみると良い方なのかもしれません。…

コスパ重視!ホーチミン、お手頃なローカルジム第2弾

「カリフォルニアフィットネスや、fit24はもう行ってみた。」 「質はいい、でもベトナムにしては料金日本と一緒でちょっとやだw」 と思っている人は案外いるんじゃないかな〜と思い、 現地のしっかり身体を鍛えている若者が行ってそうな The ローカル感あふれるジムを前回紹介しました。 前回の記事はこちら「コスパ重視!ホーチミン、お手頃なローカルジム」 今回もそんなジムを求めて、第2弾、ローカルジムに1dayで遊びに行ってきました〜♬ 今回行ってきたのはSaigon Zooの裏らへんにある「Yet Kieu」というGymです。 (Swimming poolと併設されてます!系列のようで、他にも店舗がいくつかあるみたいです。) 簡単に、 良かった点(Good Point)を3つ、 惜しかった点(Bad Point)を3つまとめてみました! まずは……良かったトコロから! Good Point①:破格の値段設定 「カリフォルニアフィットネス」や「fit21」は外人や、ベトナムの芸能人なんかも通う 結構な良い値段設定なんですが(※日本と比較すると普通です。) 今回行ってきた「Yet Kieu」というGymは 50,000VND(=約250円)/DAY !!!! という超破格値段設定でした。 月で行っても2500円で、 3ヶ月,6ヶ月の契約をするともう数百円程度ずつ下がっていきます。…

【2017年版】購入してよかったもの何点か。

2017年は、ベトナムに移住があったので相当物を捨てました。 最終的にはたくさんあったものを捨てて、ダンボール1箱くらいを実家に送り、 それ以外は「スーツケース1つ(三辺の合計157cm以下)」に「リュック(機内持ち込みサイズ)1つ」が、 私の所持品全てとなりましたw ベトナムに住んでからも、その中でいらないものを捨てたり、買い替えたりしたのですが、 これは購入してよかった。というものをまとめてみたいと思います。 RICHO Theta SC おなじみのRICHOの360度カメラです。 ワンショットで全天球撮影することができ、その場の雰囲気をひとまとめにしてくれます。 ✴︎ Muu✴︎さん(@muu_travel)がシェアした投稿 – 2017年 7月月14日午後11時39分PDT 既にTHETA Vなどの新しいシリーズもありますが、自分は360度カメラをとりあえず撮ってみたかった。というのと、 そこまでスペックを求めていなかったので、スタンダードなシリーズにしましたが、結論十分でした! 大勢でご飯を食べに行った際などに、スムーズに撮影ができて大満足◯ 南の島でも、海一面に撮影ができて大満足◯ iPad pro10.5 こちらはかなり購入を躊躇しましたが、買ってよかったと思っています。 理由はPencilを使って、デザインをしたかったのが一番の理由だったのですが、 結論、必要なデザインは外部に委託してしまう、あまりその機能を果たしていないのですが…w ①Kindle bookが圧倒的に見やすくなり、本を読む機会が増えた (以前 ipad…

コスパ重視!ホーチミン、お手頃なローカルのジム

最近またジムを転々としていて… ローカルだけど、設備もある程度しっかりしているジムを見つけたのでご紹介します♬ Youth GYM ここはなんといっても、コスパ最強!最強!と言った感じのGymでした。 ただ、営業時間の点と混雑具合に個人的には「YES」とはいえず月契約は断念。 そう、営業時間の終わりが早いんです…21時…. だからこそ、18-21時はピークタイム!!マシーンは並ぶことがぼちぼち。 (※休日の昼にも行ってみたんですが、そんなことはなかったので土日使いならいいかもしれません。) 設備はごらんの通り、値段の割にマシーンが新しい♬ 縦長のつくりで、見渡しずらいですが、上半身/下半身共にマシーンが満遍なくあって、効率的に筋トレできそう。初めて見るようなマシーンもあった笑 上写真奥左がフリースペースです。 謎に壁がアーティスティック。 平日夜に見たときの客層としては、中間層のチョットイケてそうな20代の若者が多くいるイメージでした。 以前にご紹介した、 カリフォルニアフィットネスに比べると、マッチョはいない..かな。 値段も関係しているかと思います。 気になるお値段は以下。 (私が見たときの価格なので、変動している可能性があります&よく割引もやっているようです) ベトナムジムよくあるパターンの1年契約だとかなりお得になる価格です。 とはいえ、ひと月でも相当安いですw     受付のお兄さんは英語を話せるので、英語での入会もOKそうです♬ 住所:4 Phạm Ngọc Thạch, Bến Nghé,…

「エッセンシャル思考」はトップダウンで考えること、と思った。

私は良く言えば?なんでも色んなことに興味がある方で、好奇心の赴くままにやりたいことをやってしまうタイプです。 ただ、1つのことをやってること、色んなことに興味がでてしまって、あちこち飛んでしまい、 気がつけば最初考えていたこととは全く違うことをやっていることもしばしばw ただ、このタイプの人は結構、色んなことに手はつけられる一方で色んなことが中途半端になりやすいと思います。 自分自身がそのことに気づくのは結構時間がかかりましたが、 先日たまたま読んだ本「エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする」の エッセンシャル思考ではない側=非エッセンシャル思考である人は 結果的に私のような動きになってしまっていることが多いのではないかと思います。 そもそもエッセンシャル思考とは エッセンシャル思考の根本的思想は、「より少なく、しかしよりよく」を追求する思考です。 「あれもやりたい、これもやりたい」「いきなり美味しいチャンスが降ってきた」「褒められたから、その期待に答えよう」それらをまずは一歩ひいて考えて、なんでそれをやるのかを考え99%を断捨離して本当に大切な1%に集中をしようと言う考えです。 その結果、やりたいことが本当に叶い、人生が豊かになりますよ〜という。 なぜそれが可能かというと以下の図が、すごく分かりやすかったです。                     この矢印をもし時間だとすると、人の時間は1日24時間と限られてしまっているので、 自分のかけられる時間があちこちに分散してしまいます。 ただ、1点に集中すると時間は1直線に目標に向かってつきすすみ、結果的に自分の目標に到達するということらしいのです。   エッセンシャル思考になるには、トップダウンで考えればいいかも 本の中では、エッセンシャル思考になるためには以下のようなこと等を常に念頭に置くことだと言っています。…

2017年6月に読んだ本たち

2017年6月に読んだ(購入した)本をご紹介します。 購入したっきり積んでるものもありますが…. ジャンルは漫画、歴史もの、啓発書、英語関連、小説等とっちらかってまーす。 ①自分の中に毒を持て-あなたは常識人間を捨てられるか:岡本太郎 大好きな岡本太郎です。 現物をベトナムまでもってきていましたが、今絶賛モノを断捨離中でKindleで書い直し原本を捨てました。兎に角も、「自分の人生を貫こう」「周りなんてどうでもいいじゃない」そんな元気の出る本です。 ②どんどん話すための瞬間英作文トレーニング:森沢洋介 英語絶賛勉強中です。これも断捨離のために、kindleに買い替えました。本を持ち歩くの重かったので、、、これで英語の勉強が捗ることでしょう。。。 文法は一通り?分かるので、とにもかくもスピーキングを鍛えたいと思いこれを活用しています。 シリーズがたくさんあるので、成果がでてきたら他の本も試してみたいと思います。 ③ASEANを読み解く:みずほ総合研究所 ベトナム経済だけではなく、東南アジア包括的経済の行末について客観的に判断したいと思い購入しました。割りと新しく正確な情報が一通り載っています。 ④物語ベトナムの歴史一億人国家のダイナミズム:小倉 貞男 ベトナム人が何を考えているのか?その根本はやっぱ歴史にあるのかなと…..思い購入。 中国に支配を2000年にわたり受けてきたベトナムはそのときどう考え今が形成されてきたのか、具体的な王朝名等を解説しながら歴史を遡れます。人の名前覚えのが苦手な私にはちょっと難しかった、、歴史好きはぜひ。 ⑤2035年の世界:高城剛 一度本で読んだのをまた読みたくなり、kindleで購入。 時間がたつにつれ、高城さんの話しを答え合わせするかのように読みますw1年前に納得できなかったことが妙に納得できたり。かなり未来に生きてるなといつも思います。ぶっ飛びながら未来を妄想できる人にはオススメの一冊。 ⑥Soulreset 魂の再起動:高城剛 好き嫌いが別れる本だと思います。瞑想の話。瞑想したらどんな世界があるのかな〜とちょと信じてみようかと思い、購読。私にはまだ無理かもだけど、、、一人の時間をつくり、自分自身を考えう時間が大切とかそういうたぐいな内容ですw ⑦多動日記:高城剛 高城さんの新しい本。彼が世界を何十周もしながらも得たディープな話しを物語形式で綴られてます。こちらもぶっ飛んでいるので、本当なのか?と疑いたくなる事実も、多分本人が直接得た生の普通じゃ知れない情報を知りたい人はぜひ。物語が、小さい頃呼んだバンパイアの本「ダレンシャン」を思い出させました。 ⑧これからの世界をつくる仲間たちへ:落合陽一 A現代の魔法使いと呼ばれる筆者。朝ナマのAIのお話で興味を持ち、購入。歳が近い?ということも妙に納得できることもしばしば、多分自分はAIを作る側ではなく、使う側だが未来が楽しくなる一冊。 ⑨ダイバージェント:ヘロニカロス 全米で大ベストセラーになった、この一冊!内容も見ずに購入。結果積読。 読んだら、感想追記します。^^; ⑩未来歳時記バイオの黙示録:諸星…

値切れる?ベトナムのジム:CALIFORNIA FITNESS & YOGA(カリフォルニアフィットネス&ヨガ)

以前にベトナムのジムとしてfit24(フィット24)をご紹介しましたが、 マシーンの微妙さから辞めてしまったので、新しいジムに入会してきました! ベトナムに12店舗ある CALIFORNIA FITNESS & YOGA(カリフォルニアフィットネス&ヨガ)です。 ホーチミンは特に日本人の多い1区7区にもあるそうですが、 私は勤務先や家から近い3区のジムに行ってきました。 場所は有名銀行VietBankや、ユニ・チャームも入る近代的なビルの3階にあります。   ジム選びの条件 以前、ジム選びの条件として以前以下を上げましたが、①はクリアしているので、決めてになった②~④についてご紹介したいと思います。 ①家から近い(徒歩orその他交通手段で15分以内程度) →近くないと絶対行かなくなることは実証済み。 ②月会費が1万円超えない →できればベトナム物価を考えると安ければ安いほどはいい ③マシーンの数が豊富 ④できるだけ営業時間長い ②月会費が1万円超えない お店に行きなり訪問して、「見学したいのですがー」というと、ご丁寧に2人案内人がついて全て事細かに案内してくれます。 見学を終えると、「私たちのGymどうだった?どうだった?気に入ったでしょ」ここでレセプションの前でクロージングが始まります。 基本的にベトナムは年間契約するのが一般的なようです。 年間契約としていきなり提示された金額がこちら。 GOLD MEMVERSHIP:VND28,000,000(=¥138,179)/年 日本円にして¥11,514/月です。 「ん〜~~これはTipnessより少し高いくらいだ、、、。でもここはベトナムベトナムベトナム!高い!!」 「それにいつまでベトナムにいるかも分からないので年間契約をするのはヤダ。」 「1年以上いる確定が持てたしても1年という縛りを自分につくるはイヤだ!」(何にも縛られたくないのです…w)…

ホーチミンでジム(fit24)に月契約してみた!

東京に住んでた頃は週1でパーソナルトレーニングをしていたのですが、 ベトナム移住してから勝手が分からず早1ヶ月、身体はたるんでいく一方なので やっと重い腰を上げて先日ジムに入会してきました。 探した条件としては、優先順位の順に以下 ・家から近い(徒歩orその他交通手段で15分以内程度) →近くないと絶対行かなくなることは実証済み。 ・月会費が1万円超えない →できればベトナム物価を考えると安ければ安いほどはいい ・マシーンの数が豊富 ・できるだけ営業時間長い →平日行けないと、土日のどちらかいくのみになると月4回しか行けなくなる 私が契約したのは、fit24というベトナム資本?のジムです。 3区,7区,ビンタイン区に店舗を展開しているようです。 入り口からしてかわいいつくり。 初めに見学したいんです〜と言うと、フロア中を見せてくれました。 こちらは3区の店舗ですが、6階までフロアがありました。 サイゴン川の前に建っていてサイゴン川を見ながら走ることができますw ロッカールームを広くてきれいですが、南京錠を自分で買わなければならず、 受付で200円くらいで買うことができます。 その他サウナ、シャワールームも10個くらい完備していて結構空いてます。(3区だからかな?) だいたい年間契約みたいなのですが、半年、3ヶ月契約をすることもできます。 年間契約すればするほど安くなるスタイル。 年間で1,378,000VND/Month(6800円/月)くらいでしょうか。 ただ私は通ってみないと分からないと思い、1ヶ月だけ契約(約1万円くらいでした) 時間はたしか、7;00-23;00までだったかな? 客層は、ローカル地帯だったせいか外人はほとんどいませんでした。 少し余裕のあるベトナム人の方が通っているイメージ。 かなり空いていてマシーンもたくさんあり、貸切状態だったので、その点はいいかも。 ただマシーンたくさんあると言っても、何故か上半身ばかりだったので、他を探すことになりそうですw 次の候補はカリフォルニアジム…