ホーチミンからDa lat(ダラット)への行き方【寝台バス編】

ベトナムの観光地のひとつのDa lat(ダラット)。高原にあるため、フランス植民地時代に避暑地として開発されました。 そのため、風景がかな〜〜りヨーロピアンです。それに、ゴミも全然落ちていないし、暑くないせいかどこかクリーンな感じの場所です。 そんなダラットに、寝台バスでさくっと来たので、チケットの取り方、行き方を簡単にまとめてみたいと思います。 ホーチミンのデタム通りでチケットを購入! まずはじめにチケットの購入ですが、ホーチミンのバックパッカーストリートと呼ばれる、 【ブイビエン通り、デタム通り、フォングラーオ通り】がありますが、私がデタム通りにある旅行代理店Phuong Trangです。 デタム通りやフォングラーオ通りに行くと、旅行会社がひしめき合っているので、だいたい何かみつかると思いますよ! ▼住所 ▼チケット価格・時間/席 チケット価格は片道:210,000VND(約1,050円)です。 往復でとると:190,000VND(約900円)になりちょっとお安くなるようです。 それにしても安い…! バス時刻は写真の通り、結構な数運行してます。 私は最終便の24;01をとりましたが、とったのは22;00でした。土壇場でも全然OKそうです。 座席も満席でなければ指定することは可能です。 寝台バスは2階建てになっています。このとき1階はすでに満杯で指定できませんでした。 個人的には絶対に1階をとることをおすすめします。 寝台バス、尋常じゃないくらいスピードをだすので2階だと揺れがすごく結構こわいんです…。 無事チケットをGETです。 10分前に、元の場所に来てくださいと言われました。ちょうど旅行会社の通りを挟んで迎え側が待合所になっているようでした。 バスに乗る 待合所に行くと、ダラット行きの人たちは小さいバンに乗せられました。 ここから5-10分車を走らせ、別の待合所に合流します。 別の待合所では、ニャチャン行きのバスを待っている人たちもいるようでした。 別のバスに乗ってしまわないようにご注意ください。 やっとバスが来て、車内に乗り込みました。 土足厳禁で、靴を脱いで袋に入れて乗り込みます。 それにしてもネオンが….なんでこんな電気なのかは微妙ですが、…

まるでDali?フーコックでフォトジェニックな現代アートを見る!

Salvador Dali の絵画をご存知でしょうか。 あまり絵画に詳しくない人も、一度は見たことがある絵があるかもしれません。 Photo by pinterest 上記の脚の長い象が闊歩する絵です。(他の絵にも度々この像は登場する) 実はフーコックに上記に酷似する現代アートが見ることができる場所があり、これは観光の1つと抑えとくべきかなと思ったので紹介します。 まずは、Sunset Sanato Beach Clubに行ってみよう 象は「Sunset Sanato Beach Club」というビーチにいます。 実はもともとここは、毎年「Epizode」というElectro musicのフェスが行われている場所なんです。 私が行ったのはこの時期ではなかったので、このアートがあるのか不安だったのですが、年間常設されているようでした。 この近辺に行くと、竹で覆われた場所に上記のような看板があるので、すぐに気づくことができます。 実は入場料 50,000VND/人(約250円)ほどかかります。 ただ、ビーチ沿いにあるレストランで食事をすると、このチケット分マイナスしてくれるのでトントンですね。 ビーチに入っていくと、おしゃれなレストランを横切りながらも、脚が長い魚の像がみえました。 中心に木でできた橋があり、なんとも味がありました。 この橋は先まで渡ることができます。 渡りきった先からの風景がこちらです。 海も砂浜も綺麗なので、思わずサンダルを脱ぎたくなり、サンダルオフで走りましたw さらにさらに奥に進むと、クラゲ?を模倣したような作品がありました。…

雰囲気別!!ホーチミン人気のスカイバー(ルーフトップバー)をまとめてみる

ホーチミンって意外と観光と呼べる観光名所が少ないです…. あげるとすると、「戦争博物館関連(クチトンネル含む)/メコン川クルーズ/サイゴン大協会/サイゴン中央郵便局」とかでしょうか。 ただ、物価も安いこともあり女性の間では、贅沢にできる「スパ/マッサージ/ネイル/買い物」が人気ですね。 個人的には、東南アジアの勢いを楽しめる、「スカイバー(ルーフトップバー)」を旅の締めくくりに行って楽しんで欲しいと思います。 ということで、「雰囲気別にホーチミンの有名どころスカイバー」をいくつかまとめてみました。 雰囲気別ホーチミンのおすすめスカイバー(ルーフトップバー) ▼ガヤガヤしたい人向け 【Grow skybar saigon】 まず最初は、ホーチミンでも有名なGrow。 おしゃれな現地人も多く訪れます。 どちらかというと、音楽にのって楽しみたい人向けです。夜も深くなると音楽が結構大きくなるので。 Photo by thietkethicong 建物自体も、Bar自体も内装は新しめで綺麗です。 ソファ席もありますが、予約しないと座れないので基本はスタンディングになります。 <場所> 【Chill Sky bar(ABタワー)】 Photo by vindaytravel こちらはABタワーというビルの屋上にあるBarです。 Grow同様、夜も深くなると結構音量が大きくなりますので音楽にのりたい方向け。(その場で踊っている人とかはいませんw) 周りに高いビルがなく、景色はすごく良いかと思います。 ホーチミンのバブリー感を感じられる場所かと思います、こちらも基本スタンディングです。 <場所>…

「デジタルノマド」や「リモートワーカー」にホーチミンは向いているか。

「デジタルノマド」という概念が登場してからもうしばらくたったように思いますが、国の「働き方革命」により「リモートワーク」を推進する企業も増加し、会社全体が完全に「リモートワーク」という会社も増えてきました。 私自身もベトナムに居住しながらも、たまに周辺諸国を旅をしながら「デジタルノマド」のような生活をしているわけですが、ホーチミンに来たのは元はといえば転職だったので、特に憧れていた訳ではなく気づいたらそのような状況になっていました。誰もが場所を選ばない働き方をしやすくなっているかと思います。 日本の労働環境を見ても、住まいや性別に限らず数ある「労働力」は活用していかなければならない状況になっていっていると思うので、1つの場所に集中して働くというのはさらに少なくなっていき、さらに「場所を選ばずに働くスタイル」は普通になっていくと思ってます。 そんななかで、今私がいるはベトナム「ホーチミン」は自由なワーカーの働く場所として向いているのか?という事を今回はまとめてみました。 「ホーチミン」は自由なワーカーの働く場所として向いているのか? 「Nomad list」というノマド向け情報サイトによると、実は世界の都市の中で、ノマドのしやすい場所としてホーチミンは6位でした。(2018/5/28現在) (ノマドたちの評価によって変化するような仕組みなので、見る時期によって前後するかもしれません。) 1位は現状はタイのチェンマイになっていますが、インドネシアのウブドになったり、割と前後しています。 実際に、東京を見てみると、なんと220位…….向いてないなw どんな項目によって評価されるのかというと、wifi環境/物価/治安/英語/気候/幸福度/空気/夜遊び/など色々な細かな項目によって構成させれいるようです。 ホーチミンの細かな評価は上記のような感じです。 上記について、私自身1年住んでみて「感じるところ」「信ぴょう性」という観点から詳細付け加えてみたいと思います。 -「Good」「okay」に評価されているもの ▼Internet/Free wifi in city こちらは18mbpsとなっていますが、割と近いです。 これよりもいい場合もありますが、だいたい10mbpsとかオンラインミーティングに支障がないくらいはwifi速度になっているところがほとんどです。 また、だいたいのカフェやレストランに無料wifiがついているので、そこはめちゃめちゃプラスポイントですね。 ▼Air Quolity これは……「not bad」or「bad」かと思います。 バイクで走る人が多いホーチミンでは、実際現地の人もみんな常にマスク着用しています。 インドとかよりは良いかもしれませんが、いずれにしてもよくはないと思います。 ▼Safety たしかに、女性1人で夜でも歩けるレベルかと思います。 ただ、友人は割と携帯のひったくりなどに合っています。でもそこは自己管理なので、世界的にみると良い方なのかもしれません。…

Phu Quoc(フーコック)で行くべきレストラン!

「旅行では絶対美味しいものが食べたい!」 でもフーコックはまだまだ進行開拓中の観光地なので、まだまだ情報が少ない!です。 と、いうことで1週間ほどですがフーコックでのんびりしてきて、「個人的にまた行ってもいいかな。」というレストランをまとめてみました。 超豪華なレストラン! というよりは、ローカルの場所にも行きつつ、たまにちょっと綺麗めの場所に行ったり、雰囲気重視で行ったりしたので、カジュアルなレストランが多いです^^ Crub House restaurant(クラブハウスレストラン) 「どーん!」蟹だらけ! ボール1杯に蟹やエビが詰め込められ、手でザクザク食べるスタイルです。 ここはフーコックでもっとも有名なシーフードレストランといってもいいかもしれません。 宿泊先のオーナーにシーフードでおすすめのレストランを聞いてもここのお店1択でした! パクチーが入っているのも、東南アジアっぽいですね。 かなり人気店のようで、フラッと行っても入れない事が多いので、予約してから食べにいくことをおすすめします! >Trip Adviserでチェックする Bup Restaurant(バップレストラン) こちらもシーフードレストランですが、「The ローカル感のあるレストラン」です。 お店の雰囲気を撮るのを忘れてしまったので、雰囲気は>Trip Adviserでチェック してみてください。 基本的にメニューはシーフードメインですが、通常のベトナム料理も注文できるようでした。 ローカル感はありますが、シーフードの特にエビなどはマーケットプライスということで、案外高めです。(Crub Houseとそこまで変わりはなかった) それ以外はローカルプライスでとってもお安かったです〜 Winston’s Burgers &…

フーコックのディズニーランド?Vinpearl Landに行ってきた

ベトナムに「テーマパーク」って結構ありますね。 以前も、ホーチミンの謎のテーマパークをご紹介しました。⇩ 先日フーコックに行った際に、見るからに「ディズニーランド」なテーマパークを発見したのでご紹介したいと思います。 Vinpearl Landとは? そのテーマパークは「Vinpearl Land」という名で、フーコックはまだできて数年のようですが、 観光地として有名な「Nha Trang(ニャチャン)」には以前よりあるようです。 フーコックは、国が数年前から観光地化政策を進めてきたので、その一貫でできたものの1つなのだと思います。 実際に周りに「リゾートホテル」「サファリパーク」なども併設されています。 ビーチにもすぐアクセスできそうでした。 >Vinpearl Land の口コミをチェック 実際に中に入ってみるとどうでしょう。 「お、なんかディズニーランドのお土産SHOPっぽい!」 と思ったのですが、普通にLOTTERIA入ってましたw 中はできたばかりか、とても衛生的でしたよ。 シンデレラ城らしき城も。入り口入ってすぐにありましたw 集団で記念撮影している方がたくさんいたり、ダンスを披露しているパフォーマーがいました・ ディズニーランドと大きく違う点としては、ウォーターパークがある点でしょうか。(ホーチミンの方のもあった!) 南国だからかなw かなり巨大なウォータースライダーがこの写真エリアの他にも2,3個あり、 大人も十分楽しめるようなスリリングなものでした。 また、なぜかかなり本格的な水族館もありました。 魚が結構見たことない物ばかりで、南国特有の生物なのでしょうか。 見応えは十分にありました。 ただ、、、、あまりひと気がいなかったですね。。。 夕方から行ったのですが、、このひと気のなさはw…

Phu Quoc(フーコック)で買うべきお土産は?

先日、ベトナムの最後の楽園と呼ばれる島、Phu Quoc(フーコック)に行ってきたので「これは買ってよかった」、「むしろこれは買うべきだ!」というものをまとめてみました。 ⇩Phu Quocに関する過去記事はこちらから⇩ (2018/5/14)Phu Quoc(フーコック)のココナッツプリズンの重み (2018/5/20)Phu Quoc(フーコック)で安くて快適なホテル3選 買うべきお土産 ①胡椒 まずはこれ、絶対買いましょう。フーコックの名産の胡椒です。 右が液状の甘じょっぱい胡椒、左がオニオンなども混ざっている塩胡椒タイプの胡椒です。 どちらも、このまま食べられるくらい美味でした!!!! 街をバイクでフーコックを走ると、フーコック畑を本当にたくさん見かけることができます。 辺りに独特の香が漂っている場所があったら、見渡すと胡椒畑が近くにあるでしょう。 Photo By Tonbi ko そもそも、世界の胡椒生産量で圧倒的1位を占めるのがベトナムなんです。 「世界の41%の胡椒」がここベトナムで作られ、その中でも最も有名な生産地がフーコックだそうです。 かつてフランスがベトナムを植民地とした際も、元はといえば当時ヨーロッパで高値で売買されるこの「胡椒」を安価に手に入れるためだったそうです。 それが今でもこの島の主要輸入品とは驚きですが、食べてみて納得の味と新鮮さでした。 買うべきお土産 ②真珠系アクセサリー (ナイトマーケットでの販売の様子↑) 海に囲まれた島国なので、もちろん海鮮がよくとれますが実は牡蠣の養殖=真珠が盛んです。 観光として何もなかったフーコックに「真珠」という新たな名産品を作っていこうとしたのが実は日本企業だとか..(今はもう撤退している) その後他の外資が入ったものの撤退し、今は地場企業が引き継いでいるそうです。 売っている場所は写真の通り、「ナイトマーケット」に多くみかけるのですが、実はこちらに置いているのは「本物かは疑わしい」or「低品質」なものだそうです。…

買い物天国!!安く衣類が購入できるホーチミンの市場

実はベトナムは買い物天国?ってことを知っていましたか? なんといっても安い物価と、また最近では縫製工場もたくさんベトナムに進出しているので、 おそらく本物のB級品に近いブランドものの服や(明らかに偽物もたくさんありますが)、質の悪くない衣類などがたくさん販売されています。 せっかくの旅行。ぜひ効率的に買い物を楽しんで欲しいので、以下に買い物を「サクッ」とまとめてできる箇所をまとめてみました! ベンタンマーケット(Cho Benh Than) ホーチミンで中心部からも近く、最も有名なマーケットと行ったらここでしょう。 市場の隣では夜もナイトマーケットが開催されるため、常に観光客で夜まで賑わっている場所です。 お店の人も観光客に慣れているので、英語で売ってくれますし商売っ気もかなりありますw 相場より若干上乗せしてることもあるので、少し値切るのがポイントです。 市場内では観光客向けにベトナムのお土産から、コスメ(CLINIQUEとか売ってたw)、衣類が売っています。 また、食事ができる場所もあります。 試したことはないですが、割と美味しい店舗もあるようです。 衛生面に不安のある方はやめといた方がいい雰囲気ではあります。 ◆場所 住所:Ben Thanh Market, Lê Lợi, Phường Bến Thành, Quận 1, Hồ Chí Minh, Vietnam…

どこで買う?簡単に購入できるベトナムのSIM

海外旅行に行く時に、慣れない土地で通信環境は超大事ですよね。 海外専用のポケットWIFIを持っていく人は多いかもしれませんが、LINEモバイルなどの格安SIMの登場で、SIMフリースマホを持っている人も多いのではないでしょうか。 SIMフリーのスマホの場合は、現地のSIMを使用することができるので、そんな方のためにベトナムのSIMはどこで買うことができるのかというまとめです。 ベトナムの通信環境とキャリア ベトナムの通信環境は、速度レベルでいうと日本で暮らしているのと差異を感じないレベルに良いかと思います。 また、カフェやレストラン、街の至る箇所の店舗にフリーWIFIが設置されているため、基本はSIMを購入しなくても2,3日の旅でしたら事足りてしまうかもしれません。 フリーWIFIに関しては、圧倒的に日本よりも良く外でパソコンで作業する人にとってはこの上なく快適かと思います。 とはいっても、旅先は心配なのでできれば現地のSIMを購入し常にオンライン状態でいたいものです。 以下が、ベトナムのベーシックなキャリアになります。 VIETTEL(ヴィッテル)  Mobifone(モビフォン)  Vinaphone(ビナフォン)  正直どこのキャリアも変わらないので、どこでも良いかと思います。 基本はプリペイド式が多く、上記3社であれば困らずに入手可能です。 私は、VIETTELを利用しています。 SIMを空港で買う 一番ベーシックな方法としては空港で買うことです。 ベトナムに着いた瞬間に購入することができます、店舗の人も外人に慣れていますし、いろいろスマホを渡すだけでAPN設定(SIMを変更する場合必要)をしてくれるので、 お決まりですが、まず最初は空港で買うのが良いでしょう。 購入場所は、空港出口のすぐ見える位置にあるので、迷うことなく見つけられるかと思います。 中心街で購入するより少し割高かもしれませんが、たかが知れている金額レベル(数百円の世界)なのと、SIM自体は店舗に行かないと販売していなかったりするので、空港をおすすめします。 基本的にプランにもよりますが1000円以下で購入できるはずです。 SIMを出店で買う ベトナムはコンビニの普及率がまだまだなので、おばあちゃんが販売しているような出店が多いのですが、 SIMを出店で買うこともできるようなのですが、私は出店でSIMを見つけたことがありません。 プリペイドのチャージ分を販売しているところがほとんどなようです。 チャージ分を買うなら、出店がいいですがSIM自体は空港で購入する方が良いと思います。 プリペイドのチケット↑200,000VND(約1,000円)分、1ヶ月以上は持つことがほとんど。 スクラッチを削って、番号を入力してチャージする。 SIMをコンビニで買う…

Phu Quoc(フーコック)で安くて快適なホテル3選

ベトナムのアイランド、「Phu Quoc(フーコック)」に行くけど、 『せっかくの旅行なので、絶対失敗したくない。』 『予算を抑えるために、できれば格安だけど、快適なホテルに宿泊したい!』 という方向けに、まとめてみました。 「Phu Quoc(フーコック)」には1週間くらい滞在しましたが、毎日宿を変えていたので、 その中でも3000円以下(2人)で宿泊できて、良かった宿(全てプール付)をご紹介します。 安さの理由は、オンザ ビーチかそうでないか? もっとも宿が多いのは、島に西側のロングビーチ沿いの「Duong Duong」という地域です。 ここの地域は、道路を挟んだビーチ沿いの区画(地図で見て左側)と、道路の右側に分かれるのですが、 基本的にはビーチ沿いは高めのホテルが並びます。(たまにドミトリー的なのもありますが、そこは快適そうではないので無視) 安くて快適なホテルは右側が多いので、基本的には右側エリアを狙いましょう! このエリアに宿泊すれば、大抵観光客がご飯を食べる場所や、ナイトマーケットへもすぐに向かうことができます。 雑ですが、図にすると上記の「右エリア」です。 ホテルスタイルなら「Praha Hotel」 ホテルスタイル、いわゆるビル型なら、「Praha Hotel」がおすすめです。 普通に日本のビジネスホテルよりも、快適でした。 ▪︎Expediaから探す 写真がちょとアレですが… -基本的には朝食付き3000円以内(日程によって変動) -プール付き -シャワー(温水/水圧)◎ -WIFI ◯ -清潔さ◎…