ホーチミンでカメラ修理のススメ!激安でした。

持ち物が重くて、最近めっきり使わなくなっていた大学時代から所持している一眼レフCanonのkiss X50の入門カメラ。 さらに、落としてしまってレンズがズームできなくなってしまって、スーツケースの奥底に眠っていました。 先日、スーツケース(自分の持ち物スーツケースのみw)の整理をしていて、「幅をとるのでかなり邪魔だな〜〜」「次日本に帰ったら処分しようかなとか….。」と思っていたんですが、どうせならホーチミンで修理してみようかな!と思いたち、修理したところ拍子抜けするほどあっさり、安く修理できてしまったのでご紹介。 修理できる場所 修理できる場所は、観光客が絶対訪れる通り「Ngyuen Hue通り」のすぐ近く、そして高島屋のすぐ裏の通りの「Huỳnh Thúc Kháng(フエントゥックカン)」通りにあります。この通りの一帯が数多くのカメラ屋さんが並んでいます。 その他、スマホやゲームなどの電子機器のショップなどがいくつか並びますが、圧倒的にカメラ屋さんが多くなっています。 ※ベトナムは電子機器のお店が圧倒的に少ないから貴重 ▼Google Mapより 多くのカメラショップがびっしりと。 この一帯のカメラ点ならだいたい修理にかかる相場は同じようです。 私は、一番最初に目に入ったこちらのショップで修理してもらいました。 お店に入ると、店主なのか、年配の女性の店員さんが対応してくれました。 私のカメラは、Bodyの方が壊れていると思ったのですが、レンズが悪いようでした。 店主にカメラを渡すと、状況をみて、「10USD、OK?」「1 hour、OK?」と聞かれました。 「え…..???10USD??やす〜〜〜〜っっ!!!!!!」 相場は10USD〜20USDとは聞いていましたが、もしかすると更に大きな金額をふっかけられるのではないかと、心の中でベトナム語で「Mac qua!(高いよ!)」などと連呼して練習していたのですが、そんな心配はいりませんでしたw 実は日本で修理をしようとしたときに、一回電気屋さんに持っていたんですが、そのときは「新しく購入するしかないよ」と言われ…. (レンズの問題ではあったのでそれは嘘だったけど笑) Canonの保証もすぎていたので、数万の修理相場を確認していて手を出せないでしました。 それならこのカメラ自体が安いものだし、新しく買ったほうがいいかなと。 ということで、レンズのみを渡して、1 hour、近くのカフェPhuc longで待つことに。。。。。…