5年で5倍に成長したベトナムEC市場の未来は明るいのか?

ものすごい勢いで成長していると言われている「ベトナム」のEC市場。 実際はどの程度の成長しているか、他の東南アジアと比較してどうなのか、どんなプレイヤーが占めているのか、今後どんな可能性があるのか、リサーチしてみました。 (※個人の調査によるものです。信ぴょう性は保証しませんので、参考程度にご確認ください。) ベトナムの EC 市場 ベトナムの EC 市場ですが、 2017年のベトナム市場規模は約1240億円。 2012年に250億だったのでそれと比較すると、5年で約5倍に成長しています。 成長率としてはかなりものすごいスピードなんじゃないでしょうか。 ただ規模としてはまだまだと言えるかと思います 日本の EC 市場と比較してみると、日本の EC 市場規模は約16.5兆円(2017年)になっています。 わずかベトナムは日本の0.7%の規模にしか過ぎません。 他の東南アジアと比較するとどうでしょうか。 市場規模としては実はタイ、マレーシアと近い水準であります。 (タイやマレーシアはベトナムより発展しているが、人口は少ない。) やはり東南アジアの中で一番市場規模が大きいのは、最も人口が多いインドネシア、ついで所得水準が高いシンガポールとなっています。 その後続くのがタイ、ベトナム、マレーシアとなります。 ベトナムのインターネット事情 ベトナムのインターネットの普及率は78%(約7400万人) 2013年と比較して約30%近く増加していて、この普及率がEC取引を後押ししています。 ここ四年で、半分以下だったインターネットの普及率がほぼ8割程度を占めるようになりました。 そのせいもあってか、なかなか店舗とインターネット販売のすみ見分けが難しい状況になっているそうです。 というのも今だにインターネットで商品をチェックして、店舗に行ってキャッシュで買いたいと消費者は思っています。…

Heineken(ハイネケン)からみる、ベトナム若者向けのマーケティング

先日2018年5月4日、「Heineken(ハイネケン)」+「F1」主催のフェスイベントがホーチミンの2区で開催された。 ただこのイベントが、単なる「Heineken(ハイネケン)」と「F1」のスポンサードがついたフェスイベントと思ってしまって見逃してはいけない。 日本では、Ultraなどの海外のフェスがはいってきて、「フェス」が若者リア充の典型例となってきて数年たつが、そこには必ずアルコール会社のスポンサーはお決まりだった。 例えば、2015年のUltra Japanでは「Budweiser(バドワイザー)」や「Sminof(スミノフ)」がスポンサードの1社となり、SNSにシェアできるようの特設のPhoto Boothなどが設けられていた。 「Heineken(ハイネケン)」もフジロックなどでスポンサーしている。 (続き) #ultrajapan2015 の #バドワイザー ブースでは、DJ気分が味わえるフォトブースが登場!皆さん、最高の笑顔でした!(≧▽≦)#budweiser #ultrajapan pic.twitter.com/7IzqSO8pHT — BudweiserJapan (@budweiserjp) October 2, 2015 💖萌美❤️さん(@moemin_megumin)がシェアした投稿 – 2017年 2月月14日午前9時32分PST 上記のように、若者たちが一斉にリア充写真をSNS上に投稿していたので、ブース前で写真を撮ったものが、若い友人がいる人、またはあなたがフェスに行くような年齢ならタイムラインに流れてきたことだろう。 「若者のクールな場にある、◯◯のクールなアルコール」 というイメージを印象づけることができる、楽しい「コト」に寄り添うイマドキらしいブランディング手法だ。 ただ、これらのイベントは「Ultra」(またはそれ以外のイベントの)がフェスを運営している中で、スポンサーとして、いくらかお金を出してブースを設置させてもらっているだけにすぎない。正確にはわからないが小さなブース設置で数百万円程度の費用を支払っているかと思う。 ただ、今回行われたイベントは「Heineken(ハイネケン)」と「F1」が主催するイベントだった。 どんなフェスだったのか…