abhaiherb

絶対オススメできるタイお土産コスメ・スキンケア【アバイブーベー】

筆者自身はまったく美容科でもないのですが….美容大国タイに訪れたからには、美容系コスメは女子にとっては要チェックしたいところですよね! 日本では購入できない(処方箋がないと手に入らないとか)ものもタイでは購入できるのものもあり、わざわざコスメ購入旅行に来る人も多いみたいですね。 そんなタイで「買って良かった!」「日本では手に入らないぞ」「お土産にもらったら喜ぶかも」なコスメ・スキンケア情報をご紹介したいと思います。 お土産選びの参考になれば嬉しいです^^ タイ土産は、タイ王家設立「アバイブーべー」がベスト タイのお土産スキンケア・コスメはタイ王家設立「アバイブーべー」がベストです。 アバイブーべーとはなんぞや?って話なのですが、タイには「Chao Phraya Abhaibhubate Hospital(チャオプラヤ アバイブーベ病院)」というタイ王家が1941年に設立した国営の病院があります。 この病院は、王室の宮廷医が受け継いできたオーガニックハーブの伝統医療を研究機関なのだとか。 で、その病院がプロデュースしたブランドが「アバイブーべー」だそうです!もうそれだけで、期待できる!!笑 さらに、この使用されているハーブは全て「無化学肥料・無農薬」で作られている超高品質素材だとか。 個人的にオーガニック系には弱すぎるので、この情報を知りすぐに購入してきました! アバイブーべー:バタフライピーのシャンプーコンディショナー【ド定番!】 まずは一つ目。 こちらはお土産としても、一番人気な商品なそうなのですが、バタフライピーというチョウマメのハーブから作られたシャンプーとコンディショナー。 バタフライピーというハーブは、美容と健康に良いと言われており、花の主成分は、抗酸化物質ポリフェノールの一種である「アントシアニン」。紫色がアントシアニン類の色のようです。 特に強い抗酸化作用で「アンチエイジング」「髪の毛・肌に艶や張りを作る」「目の疲労改善」と言われるような効果があるそうです。 ブルーベリーにもこの成分は入っていますが、ブルーベリーの約4倍の成分量だとか!!! 目も悪いし、髪の毛の抜け毛も多いのでまさに今の私にぴったりです笑 実際の液体は本当に「強い紫色」で、びっくりするのですが、香りが独特だけれども強すぎず、サッパリしました。 シャンプー:しっかり、サッパリ リンス:市販のよくあるようなしっとりまではいかない、適度ななじみの良い仕上がり といった感じの洗い上がりに。匂いの持ちが良いため、気分はだいぶリラックスできました。 お値段は70バーツ(2018年11月時点) 日本ではAmazonで購入できそう、値が張ります..! アバイブーべー:クレンジングウォーター こちらは最近日本でも流行っている?というクレンジングウォーター。敏感肌用です。 クレンジングウォーターはメイクのクレンジングだけではなく、洗顔にも使用でき、水のようにサラッと使えるのが便利。…

コレは外さない!ベトナムのお土産と、購入できる場所

ベトナムと行ったらお土産に何を思い浮かべますか? 正直、私はベトナムに来る前は全く思い浮かばなかった…フォーとかビール? 1年以上ベトナムに在住して、数回日本に帰国する機会がありました。 その際、これだけ買っておけば「ベトナム行ったぞ!」と人に話せるような、記念に残るような自分用のお土産。 あげて喜ばれるお土産を目的別に、そして購入できる場所をまとめてみました。 バラマキ土産用 まずはバラマキ用のお土産です。 【コーヒー】 意外と知られていないのですが、ベトナムはコーヒーの名産地。 生産量は、ブラジルに次ぎ2位となっています。 ベトナム中にカフェが多いですし、もちろんコーヒーのお土産品も多いです。 とくにおすすめなのが、G7という「Trung Ngyuen」というカフェチェーンもオープンしているコーヒーです。 カフェ店舗で直接買うこともできますし、スーパー、コンビニ、どこでも購入が可能です。 【インスタント麺】 東南アジアお土産あるあるかもしれませんが、中でもベトナムのインスタント麺は人気が高いです。 バリューエーションが豊富で、味も香菜が使われていたり日本ではあまりないよう風味、そしてなんと言っても主食で麺が食べられる事が多いベトナムのフォーのインスタント麺があるためでしょう。 価格も20円〜くらいからありバラマキ土産に最適です。 スーパーの他、コンビニ必ず販売しています。 【カシュナッツ】 これも意外と知られていない事実ですが、ベトナムのカシュナッツ生産量は世界で第1位。 しかもほぼ独占状態。もしかしたらいつも日本で手にしているカシュナッツはベトナム産かもしれませんよ? そんなカシュナッツが、ベトナムでは安価で手に入ります。 味がついたものから、味のついていないシンプルなものまで幅広くお土産SHOPで販売しています。 コンビニでも置いてはいますが、スーパーで購入が安くて確実でしょう。 お土産SHOPはスーパーよりちょっとだけ値段高めになっています。 【調味料系】 sate Tom 胡椒…

DIYしたい!!服飾素材が盛りだくさんなホーチミンのタンディン市場

日本で食料品や身の回りのものを購入するときは、コンビニエンスストア、ホームセンター、スーパーまーkwっと等、各々のお店が存在しますが、 まだまだベトナムのローカルでは「市場」が主流。 観光客にとってホーチミンで一番有名な市場といえば、「ベンタンマーケット」かもしれませんが…! (▼ベンタンマーケットは以前別の記事でも紹介しました▼) ただ、ベンタンマーケットは観光客向けなので、お土産がメインだったりします。 「今食べる果物を買いたい」「服を制作したい」「服を制作するようのワッペン、レース、ボタン等の素材を探している」などなど… そんな要望もあるかと思うので、ちょっとお土産とは離れるかもしれませんが、もっとローカル寄りの、生活感のあるものを安く購入できるタンディン市場をご紹介したいと思います。 タンディ市場の様子 (↑この写真の兄さんうつりこみすぎた、すみません….!) ダンディ市場(Cho Than Dinh)はメインとなるのは服飾素材(主に布)ですが、実はナッツやドライフルーツなどの乾物、果物や野菜なども販売しています。 ちょっとしたムービーをつくってみたので、ご覧ください〜。 市場の雰囲気が感じられるかと思います。 私は、レースを探していたので、いろんな種類のレースをここでGETすることができました! 10cm~とか適当に言ったにも関わらず、ミニマムサイズでも提供してくれましたよ! レースの生地なども購入! 主に中国から仕入れているものが多いらしく、1点ものが多いので注意です。 個人制作ならいいのですが、業者で大量購入してリピート、などというのは向いていないかもしれません。 他にもオールスパンコールでできたワッペン等、見たことのないような素材がたくさんおいていました! 手芸製品好きな人にはワクワクしてしまう場所かと思います。 アジアの雰囲気をガッツリと感じてみてください! タンディ市場がすぐ行ける観光名所 ダンディ市場の斜め向かえには、フォトスポットとして有名なピンクの教会「ダンディ教会」があります。 いつも賑わっているので、市場に来た際はこちらもチェックです! 場所 住所:48 Mã Lộ, Tân…

ビルケンライクなサンダルブランド「Zeppa」をホーチミンで買う

ドイツの靴メーカーが販売するビルケン・シュトックのサンダルをご存知でしょうか。 夏になると結構、街中で履いている人、みかけます。 これですよ〜〜↑カラーやデザインのバリエーションが増えてちょっとオシャレな男性から女性まで幅広く愛用する人が増えたそうです。 実は私もカラーがかわいいビルケンを頂いたことがあって、常に真夏のベトナムでは活用することも多いだろうと持ってきたのですが、 いろいろなハプニングにより履けない状態に。。。 かなり使いやすかったのでまた同じものを購入したかったのですが、ホーチミンにビルケンショップはないんですよね。 でも、見つけました!! ビルケンライクなサンダルブランド「Zeppa」を! *ビルケン好きじゃない人は全然興味ない記事かもしれませんw Zeppaとは Zeppaはダナンで作っている、完全Made in Vietnamの製品です。 商品は全て純正の牛革でつくられています。 基本的にサンダルがメインではありますが、革製のカバンや財布等も販売。 店舗はバックパッカーストリートBui Vienにありますが、人気があるためなのか、販売戦略なのか分かりませんがホイアン、フーコック等の観光地にも店舗が最近作られています。 Bui Vienの店舗です。 右手がお土産屋さんになっていてややこしいですが、左側がZeppaの店舗になります。 商品はまさにビルケンにそっくり、とまではいきませんが雰囲気が似たものがあります。 素材も本革なだけあり、安定しているつくりに。 サイズも35~42(22.5~26.0cm)まで、置いてありました。 メンズとレディースで全く同じデザインもあり、お揃いにしてもかわいいですね。 ZeppaのFacebookページにはお揃いで並ぶ、初々しい画像がちらほらと掲載されていましたw 購入したサンダル 私が実際に購入したのはこちら。 シルバーの革、なかなかないので即決即決!超かわいい! 前から狙っていたのですが、サイズがいつも切れていて断念していて、今回この通りを通ったついでに寄ったらサイズの補充されていました! ストックは、全て店頭に並べているもののみなので、早い物勝ちです!…

意外と多い!?ホーチミンのおしゃれなVintage Shopに行ってみた。

ホーチミンは買い物天国という記事を以前書きましたが、 「実際偽物が多いんでしょ?」とか、「ちょっと雰囲気一世代前でしょ?」とか思われる方もいるみたいなので、 別系統のShopを探してみました! ホーチミンは街並みが結構レトロで、特に路地に入ったところにオシャレなカフェやお店が実は多かったりします。 表通りにお店を構えるより、路地にあるカフェや美容院、ショップが隠れ家感があって人気のようなのですが、 今回もありました!!路地にオシャレな古着屋さんが! Mayhem Saigon(マイヘム サイゴン) その名も「Mayhem Saigon(マイヘム サイゴン)」です。 服、メガネ、アクセサリー、雑貨がメンズとレディースで販売しています。 地元の子も結構いましたが、西洋人のオシャレさんも結構きているようでした。 入るとすぐあるのがレディースの古着コーナー アクセサリーも並びます。 気になったのは、ベトナムのタイル(結構可愛い柄がたくさんあり、よくカフェで使用される)のバッチがあったり、ベトナムらしいアクセサリーもぼちぼち並んでいました。 刺繍入りのあまりみたことのない柄のワッペンとかも! 入り口は2階になっていて、最初にレディースコーナーも見ますが、1階はメンズ専門。 スニーカーやネクタイなどの周辺雑貨も並びます。 時間がなくて、3階には行ってないのですが、まだまだ何かおいているようでした(きになる) 実際に、日本から取り寄せている古着もあるようで、うまくリメイクされてる〜〜〜って感じでした!(リメイクされていないものも全然ある) お店の雰囲気もあってか、なかなか可愛く見えてしまう洋服がたくさんありました! 多分こういう路地に隠れたお店がたくさんあるんでしょうね!!!!!発見したい。女子か。 場所は? 場所は少しわかりにくい….路地なので。 有名なベンタンマーケットの近くにありますが、普通は見逃してしまうかもしれません。 路地を入って突き当たりに進むと、マイヘムの看板?が見えます。 2階が入り口になっていて右側から登れますので、そこから登ってみてくださいね! 住所:136/1…

買い物天国!!安く衣類が購入できるホーチミンの市場

実はベトナムは買い物天国?ってことを知っていましたか? なんといっても安い物価と、また最近では縫製工場もたくさんベトナムに進出しているので、 おそらく本物のB級品に近いブランドものの服や(明らかに偽物もたくさんありますが)、質の悪くない衣類などがたくさん販売されています。 せっかくの旅行。ぜひ効率的に買い物を楽しんで欲しいので、以下に買い物を「サクッ」とまとめてできる箇所をまとめてみました! ベンタンマーケット(Cho Benh Than) ホーチミンで中心部からも近く、最も有名なマーケットと行ったらここでしょう。 市場の隣では夜もナイトマーケットが開催されるため、常に観光客で夜まで賑わっている場所です。 お店の人も観光客に慣れているので、英語で売ってくれますし商売っ気もかなりありますw 相場より若干上乗せしてることもあるので、少し値切るのがポイントです。 市場内では観光客向けにベトナムのお土産から、コスメ(CLINIQUEとか売ってたw)、衣類が売っています。 また、食事ができる場所もあります。 試したことはないですが、割と美味しい店舗もあるようです。 衛生面に不安のある方はやめといた方がいい雰囲気ではあります。 ◆場所 住所:Ben Thanh Market, Lê Lợi, Phường Bến Thành, Quận 1, Hồ Chí Minh, Vietnam…

世界に誇れる、ベトナムの発の本物のブランドは?

日本では、世界へ誇れるグローバルブランドとしてTOYOTA、HONDA、CANON等に並んで「UNIQULO」がランクインされたそうですが、ベトナムはどうなのでしょうか。 お土産に買える雑貨はあるけど、、、ブランドってあるの? (コピー品や他国のブランドの衣類は作っていたりするけど…w) 周りに聞いた情報や、自分が知っている情報をまとめてみました。(少ない…) ベトナム発ブランド:食品部門 Marou Chocolate(マルー チョコレート) 近年は、高級チョコレートとして日本の百貨店などでも売っていることも多いですが、実はベトナム産。 フランス人の2人によって制作されたチョコレートです。 実はあまり知られてはいないですが、ベトナムには良質なカカオ農家がありますが製品品質が悪いため、世にはでてこなかったとのこと。 生産から製造まで彼らが管理することによって、良質なチョコレートを生み出しました。 今では、高級チョコレートとして、板チョコ1枚で1000円程で売られていたります。 ホーチミンにはMarou caffeeもできているので、カフェにで一息つきがてらチョコレートを是非お土産にひとつどうぞ。 (あ〜チョコレート食べにベルギーに行きたくなってきた!!!w) Trung Nguyen g7(チェン グエン g7)コーヒー こちらはかなり有名かもしれません。 ベトナムはコーヒーの世界2位の生産地です(家にあるコーヒーパッケージの裏面見てみて!だいたいベトナム産。) そのベトナムの伝統的な形で淹れたコーヒーをベトナムコーヒーと呼びます。結構濃い。 そして、ベトナムコーヒーをお湯を注ぐだけのインスタントで飲めるのがこのチェングエンコーヒーのg7シリーズです。 だいたい観光客の方はこちらを購入しているので、頂いたりして知っている方も多いかもしれませんね。 ベトナム発ブランド:衣類雑貨部門 ipa nima(イパニマ) 雑誌のVOGUEにも載った有名なデザイナーズブランドです。…

【2017年版】購入してよかったもの何点か。

2017年は、ベトナムに移住があったので相当物を捨てました。 最終的にはたくさんあったものを捨てて、ダンボール1箱くらいを実家に送り、 それ以外は「スーツケース1つ(三辺の合計157cm以下)」に「リュック(機内持ち込みサイズ)1つ」が、 私の所持品全てとなりましたw ベトナムに住んでからも、その中でいらないものを捨てたり、買い替えたりしたのですが、 これは購入してよかった。というものをまとめてみたいと思います。 RICHO Theta SC おなじみのRICHOの360度カメラです。 ワンショットで全天球撮影することができ、その場の雰囲気をひとまとめにしてくれます。 ✴︎ Muu✴︎さん(@muu_travel)がシェアした投稿 – 2017年 7月月14日午後11時39分PDT 既にTHETA Vなどの新しいシリーズもありますが、自分は360度カメラをとりあえず撮ってみたかった。というのと、 そこまでスペックを求めていなかったので、スタンダードなシリーズにしましたが、結論十分でした! 大勢でご飯を食べに行った際などに、スムーズに撮影ができて大満足◯ 南の島でも、海一面に撮影ができて大満足◯ iPad pro10.5 こちらはかなり購入を躊躇しましたが、買ってよかったと思っています。 理由はPencilを使って、デザインをしたかったのが一番の理由だったのですが、 結論、必要なデザインは外部に委託してしまう、あまりその機能を果たしていないのですが…w ①Kindle bookが圧倒的に見やすくなり、本を読む機会が増えた (以前 ipad…

あのブランドが500円wホーチミンでのショッピングのススメ

ベトナムで観光に来て、何を期待しますか^^? きっと、旅行の醍醐味である食事や風景、あとはショッピングかな?と思いますが、 ベトナムはなんといっても物価が安い!感覚では日本の1/3くらいかなと! 物価が安ければ、日本で買えないものもたくさん買えそうな気がしますよね(ニヤニヤ) 今回は、マストゴーするべき地元の子も通うショッピングセンター?をご紹介。 Saigon Square(サイゴンスクエア) 場所は観光客がホーチミンで絶対行く、ベンタン市場のすぐ近く、高島屋(日本の高島屋です、今年できました)の向かえにあります。 私が初めて、ここにきたときはどこのアジアの屋台?でも売っていそうな 多分名もないメーカーのものや偽物、を売っているようなファッションの集結場所かなとそこまでここに期待はしていなかったんです。 ただ、この服の山の中でひとつひとつ丁寧に服を見ていたら、、、、、 「ん?見覚えのあるTシャツがある!!!!!」 「これってこの前、あのデパート内のあの店舗で見たやつだ」あっちもこっちも。。。。 タグを見ると、たしかに同じブランドです。 生産地は「Made in Vietnam」