woobar_w

【Woobar】バリ島でまったり夜遊びにオススメ!ビーチ・クラブ

バリ島といえば、「海のアクティビティ」ですが、せっかくの旅行。 「昼も夜も楽しみたい!」ですよね? ナイトマーケットを散歩、海辺を散歩、美味しいごはんをハシゴ。いろんな遊び方がありますが、 今回は、夜遊びに特にオススメ!のビーチ・クラブのご紹介です。 そもそもビーチ・クラブって? そもそもビーチ・クラブって何かご存知でしょうか? ビーチ・クラブは、ビーチ沿いで快適なバカンスを楽しめるように作られた施設のこと。 日本の海沿いにある「海の家」とはまた全然違ったものですよ〜 プール、シャワー、レストラン、スパ、バー、DJブースなどが融合した、一体型の場所で、 お酒を飲みながら、夕日を眺めたり、音楽を聞きながらプールに入って、海を見ながらChill~~~みたいなことができる場所です。 Woobar at W hotl(ウーバー @ Wホテル) 今回は、バリ島ビーチクラブの中でもベスト3に入ると言われている「Woobar」に行ってきて、心からオススメしたい場所でしたので、ご紹介します。 「Woobar」は、Wホテルという、ビーチに面している高級ホテルチェーンの中にあります。 写真は、Wホテルのエントラス100m手前くらいの写真です。重々しいWが光っていました。 住所:Jalan Petitenget Seminyak, Kerobokan Kelod, Kuta Utara, Kabupaten Badung, Bali 80361…

bali_swing

バリ島ウブドの絶景ブランコ!ジャングルの中のパーティー会場だった

最近じわじわと話題のバリの絶景ブランコをご存知でしょうか? ジャングルの中に飛び込んでいくような、絶景に向かってブランゴを漕げる最近人気のスポットです! 「バリの絶景ブランコって実際どこにあるの?」 「バリの絶景ブランコってお金かかるの?」 「いきなり行くのは不安だから、どんなものかブランコのできる場所の雰囲気を知りたいな」 という方向けに、ご紹介します! 絶景ブランコは、バリ島ウブドの奥の方に点在 絶景ブランコは、バリ島ウブドの奥まった方に複数点在しています。 元々は「Bali Swing」というところが設置したものですが、最近のインスタ映えの影響もあってか瞬く間に広がり、いくつか真似をした業者もブランコを設置し始めたのです。 実際、「Bali Swing社」の方はとても混雑しているので、他のスポットに行ってみるのも手ですが、 今回は絶景ブランコの火付け役、「Bali Swing」の方に行ってきましたのでそちらをご紹介します。 絶景ブランコの所在地 住所:Jl. Dewi Saraswati No.7, Bongkasa Pertiwi, Abiansemal, Kabupaten Badung, Bali 80352 ウブド市場などが有る中心地からは少し遠いいので、タクシーなどで行くことをおすすめします! ▼ウブド内での交通手段については以下記事にまとめましたので、必要であればご参考ください▼ 料金と内容 大変驚いたのですが、このブランコ、ちゃんとしたアトラクションになっております。…

dewata_lounge

ウブド絶景レストラン!ジャングルを臨めるラウンジレストラン【ランチ/ディナー】

バリ島ウブドと言ったら何を思い浮かべますか? ヨガ、ヒンドゥー、伝統的なダンス、ジャングル? 人それぞれかと思いますが、「ウブドに行ったら一度は行っておきたい!」「友人に自慢したくなる!」 そんなウブドのジャングルに佇む、レストランをご紹介します。 オープンエアのジャングルが臨める絶景 そのレストランは実は、Royal Pita Maha(ロイヤル ピタ マハ)というホテル内に併設されているレストラン。 ホテルだからといって、宿泊者だけではなく、レストラン利用だけの方も食事が可能です。 旅行ブックなどにも、特集されていたりするので、既に知っている方も多いことでしょう。 ホテルはアユン川沿いの自然の中に建てられた、まさに南国の自然を名一杯感じらる5つ星ホテル。 ウブド王家の息子がデザインした、「これぞウブド!」と感心してしまうような建築様式です。レストラン内も細かにデザインされてます。 写真を撮影し忘れてしまいましたが、壁面などをくまなくチェックすると、その文化とアートを感じられますよ。 そんなホテルの中心部に、レストランは位置しています。ロビーを入ってまっすぐ進むとすぐにレストラン。 内部に入った瞬間に広がる南国のジャングルが一望できます。 更に眺めに高さがあるため、立体的にジャングルを見ながら、食事が可能です。 これは言葉でいうとチープなので、実際に見てもらったほうがいいと思います。 景色だけではなく、おもてなしと味も良い メニューが見にくくてすみません… お値段はやはり、5つ星ホテルなだけあり、ローカルと比べたらかなりお高いです。 でも日本物価からしたら普通、というより安いくらいかと思います。 ただのランチをしただけでしたが、まず初めに「お通し」を伝統衣装に身を包んだスタッフから頂きました。 ただのスティックスナックにバジルをつけて食べるものでしたが、これがなんと美味しい! (ローカル食ばかり食べていたせいもあるかも笑) そして、メインも例に漏れずとても美味しかったです。 眺めと食べるのに夢中で、こちらもまた食事の写真を撮るのを忘れてしまいました…。 食後にはバナナスムージを頼みました。 バリには、南国フルーツスムージ系が安くたっぷり飲めるので嬉しいです!(バナナは結構普通のチョイスだったけど笑)…

sangspa

【レビュー】安くてコスパの良いウブドの街スパ・マッサージ店

バリ島ウブドにはTheリゾートな高級スパ・マッサージ店から、手頃に利用できる街スパ・マッサージ店などピンきりにマッサージ店がひしめきあっています。 技術もピンきりですが、他の東南アジア諸国と比較してもリゾート観光地なだけあってかレベルが高いところが多いように思います。 そんなバリ島ウブドで、安くてレベルの高いスパ・マッサージ店に行ってきましたのご紹介したいと思います。 安くて技術力もある『Sang Spa(サンスパ)』 お店の名前は『Sang Spa(サンスパ)』というところです。 ウブドに2店舗あり、そのうちの『Sang Spa(サンスパ)2』の方が滞在先から近かったため、訪れました。 滞在先からスパまで、送迎付き 基本的に予約をしてから行くと、滞在先まで送迎車が迎えにきてくれますので、ぜひ予約をしてから行ってみましょう! 予約をしないでも行くことはできますが、人気なようで当日行って断られてしまうこともあるそうです。 ウブド感のある内装 場所は、表通りというよりも小道に入っていったところにあり、更に店舗まで続く道は隠れ家感があって素敵な場所です。 店内は、どうやらYogaのコースなどもあるようで、仏教感?ヒンドゥー感?のあるような装飾だったり、ウブドらしさを感じられるような内装です。 スパ・マッサージの豊富なメニュー こちらのメニューが非常に豊富です。 ヒーリング系から、、 【フェイシャルメニュー】 ・はちみつときゅうりのフェイシャル/USD14 ・アロマのフェイシャル/USD14 【ヘアートリートメント】 ・ヘアスパ/USD14 アボガドクリーム,ジンセンクリーム,アロエクリーム,キャンドルナッツクリーム 【マニュキア/ペディキュア】 ・お手入れなし/USD10 ・お手入れ込み/USD14 【スパ・パッケージ】 いろいろなものが組み合わさってます。 【ヒーリングトリートメント】…

JAL_wifi5

【JAL国際線】機内でWifiが使えるか試してみたっ!

いつから始まったのかは分かりませんが、最近はJAL飛行機内でWifiが使える機体が飛び始めたようです。 特に国内線などでは、無料キャンペーンなどもやっていて、利用者促進をしているみたいでJAL自身も売り物の一つとして、絶賛売り出し中といったところでしょうか。 今回は、JALの国際線にほぼ1日中乗る機会がありました。乗った日は平日だったためにネット依存の私は「できれば機内で仕事ができたら!」ということで、これに期待して試してきましたのでレビューしたいと思います。 JAL国際線でWifiが利用できる便 JAL国際線でWifiが利用できる便はそもそも限られています。 どの便が利用できるのかは、事前に便名を知っていれば調べることが可能です。↓ [JAL国際線 機内Wifiサービスを利用できる便を調べるにはこちらから] 今回私が利用した便は、以下2つの便です。 ①マレーシア(クアラルンプール)→成田 ②成田→ハワイ(コナ) どちらも7時間以上の旅だったので(長すぎ…)絶対にインターネットが使えるだけで旅は変わると期待しました! 上のリンク先で調べたところ、どちらも利用できるとのこと!これでなんとなく、安心です。 あとは機内で設定し、機内wifiに接続してお金を払うのみです。 機内Wifiサービスが利用できると書いていても、利用できない便もあった。 だがしかし、上のリンクに機内Wifiサービスが利用できると書いていても、利用できない便もあったのです。。。調査不足でした(;_;) まず私が乗った、①のマレーシア(クアラルンプール)→成田の便なのですが、この便がJALで契約したものの、実際はJALではなく、JALのコードシェア便だったのです。。。 コードシェア(共同運行)便とは?: 提携する航空会社の機材・乗務員にて運航される。 チェックイン時間、機内サービス、幼児・小児の運送条件、イレギュラー時の対応なども運航する運航会社の規定に基づく。(JALサイトより一部引用) 実際のところ、機体にはガッツリと「マレーシア航空」と書かれており、機内に入ってもWifiサービスらしき説明もなく、7時間睡眠をし、成田までの旅行終了。 JALはたくさんの共同運行便があるようなので、 「自分が乗る便はコードシェア便ではないか?」そのコードシェア便はWifiがOKか(この場合そのコードシェア便のサイトに行かないと確認できない可能性がある)、予約の明細は必ず先にチェックしておきましょう。 機体搭乗の際にWifiマークがあれば、Wifiが使える便 次に②成田→ハワイ(コナ)に乗った便ですが、こちらはコードシェア便ではなくしっかりとJALの機体でした。 搭乗の際に入り口の右側にwifiマークも! 「これは絶対使える!!!」とワクワクして席についたところ、Wifi機内サービスの案内のしおりが席にありました^^ JAL国際線機内Wifiサービスは有料で、時間制 上記がしおりのTOPページになりますが、基本的にはJAL国際線の機内Wifiサービスは「有料」で(JALカード決済だと少しだけお得に)そして、時間制です。 ※VIPとかだと込なのかもしれませんがエコノミーの話…

abhaiherb

絶対オススメできるタイお土産コスメ・スキンケア【アバイブーベー】

筆者自身はまったく美容科でもないのですが….美容大国タイに訪れたからには、美容系コスメは女子にとっては要チェックしたいところですよね! 日本では購入できない(処方箋がないと手に入らないとか)ものもタイでは購入できるのものもあり、わざわざコスメ購入旅行に来る人も多いみたいですね。 そんなタイで「買って良かった!」「日本では手に入らないぞ」「お土産にもらったら喜ぶかも」なコスメ・スキンケア情報をご紹介したいと思います。 お土産選びの参考になれば嬉しいです^^ タイ土産は、タイ王家設立「アバイブーべー」がベスト タイのお土産スキンケア・コスメはタイ王家設立「アバイブーべー」がベストです。 アバイブーべーとはなんぞや?って話なのですが、タイには「Chao Phraya Abhaibhubate Hospital(チャオプラヤ アバイブーベ病院)」というタイ王家が1941年に設立した国営の病院があります。 この病院は、王室の宮廷医が受け継いできたオーガニックハーブの伝統医療を研究機関なのだとか。 で、その病院がプロデュースしたブランドが「アバイブーべー」だそうです!もうそれだけで、期待できる!!笑 さらに、この使用されているハーブは全て「無化学肥料・無農薬」で作られている超高品質素材だとか。 個人的にオーガニック系には弱すぎるので、この情報を知りすぐに購入してきました! アバイブーべー:バタフライピーのシャンプーコンディショナー【ド定番!】 まずは一つ目。 こちらはお土産としても、一番人気な商品なそうなのですが、バタフライピーというチョウマメのハーブから作られたシャンプーとコンディショナー。 バタフライピーというハーブは、美容と健康に良いと言われており、花の主成分は、抗酸化物質ポリフェノールの一種である「アントシアニン」。紫色がアントシアニン類の色のようです。 特に強い抗酸化作用で「アンチエイジング」「髪の毛・肌に艶や張りを作る」「目の疲労改善」と言われるような効果があるそうです。 ブルーベリーにもこの成分は入っていますが、ブルーベリーの約4倍の成分量だとか!!! 目も悪いし、髪の毛の抜け毛も多いのでまさに今の私にぴったりです笑 実際の液体は本当に「強い紫色」で、びっくりするのですが、香りが独特だけれども強すぎず、サッパリしました。 シャンプー:しっかり、サッパリ リンス:市販のよくあるようなしっとりまではいかない、適度ななじみの良い仕上がり といった感じの洗い上がりに。匂いの持ちが良いため、気分はだいぶリラックスできました。 お値段は70バーツ(2018年11月時点) 日本ではAmazonで購入できそう、値が張ります..! アバイブーべー:クレンジングウォーター こちらは最近日本でも流行っている?というクレンジングウォーター。敏感肌用です。 クレンジングウォーターはメイクのクレンジングだけではなく、洗顔にも使用でき、水のようにサラッと使えるのが便利。…

【レビュー】クアラルンプールのローカル盲人マッサージ【激安】

マレーシアって、あまりマッサージのイメージがないかもしれません。 ただ、日本と比べて物価の安い東南アジア。 せっかくのなので少し贅沢したい!と思いますよね。 クアラルンプールには「贅沢と感じないくらい、安いマッサージ店がある」との情報を知り、せっかくなので潜入してきました。 (※綺麗なSpaとは違い、超ローカルマッサージ店なのでそれでもOKな方向け。) 激安マッサージはインド人街「ブリックフィールズ」に行け KL SENTRALという中心の駅の近くに広がる「ブリックフィールズ」インド人街があります。 ここは本当に、マレーシアなのか?と思うくらいインドナイズされた場所なのですが、激安マッサージはそこの地域の端っこにあります。 数年前までは置屋があったとかで、一見治安はよくなさそうな雰囲気があります。 むしろあまり東南アジア慣れしていない方にとっては、怖さすら覚えるかもしれません…. ですが個人的には今は健全な雰囲気がありました笑 この通りを通ると、すぐに足のマークがついたマッサージらしき看板が目につきます。 よく看板を見ると中国語で、「盲人」と書いています。 そう、ここの近辺はタイトルでも書いた通り盲人のマッサージ街です。 (近くに盲人向けマッサージの学校?があるとか?で、この近辺にはかなりの数の盲人の方を見かけました。) 日本語が唯一書いている看板を探せ! 私が行ったのは、この看板に「モウジン マッサージセンター」と日本語で書かれていたお店「AA Blind Traditional Massage」です。 一番最初の写真の店舗にも行ったのですが、22:00くらいに行ったため、営業終了と言われてしまいました。 2件目に入ったこちらのお店が対応してくれるとのことでしたので、こちらで施術を受けることにしました。 (階段写真は1件目店舗のもの) 入り口は右の階段から上に登った2階にあります。 一見怪しい雰囲気が漂っていますが、安心してください笑 割と普通のマッサージ店でした。 雰囲気と料金/場所 階段を登ると、仕切っているオーナーのようなおじさんがいました。この方も盲人の方のようです。 1時間だけやりたいことを伝えると(そもそも時間なくて1時間しかできなかった)すぐにマッサージ師に電話してくれました。…

ハワイ島コナ国際空港で使えるWifiカフェは一択

ハワイと言えば、観光地としてはオアフ島がメイン。 ハワイ島の方には行ったことがある人は少ないのではないかと思うので、空港のWifi情報をまとめたいと思います。 (実際に自分も事前に調べたけれど、全然情報が出てこなかった….) ハワイ島には空港が2つ ハワイ島には空港が2つあリます。 西側に位置するコナ国際空港(Kona International Airport)と東側に位置するヒロ国際空港(Hilo International Airport)です。 コナ国際空港は日本からの直行便が出ている、ビーチもコナの方がアクセスしやすいということもあり、日本人の方はコナ国際空港の利用が多いかと思います。(ヒロ国際空港の方は、火山や熱帯雨林などを散策したい場合におすすめ) 今回は利用者も多いコナ国際空港の情報です。 ハワイ島コナ国際空港のWifi事情 初めてコナ国際空港に降り立つ人は驚くかもしれませんが、コナ空港は基本的に屋根しかありません。 というか、何もありませんw 出発の際はゲートを抜けると、「お土産ショップが1つ、カフェが1つ、小さなコンビニ1つ、免税店(酒)の棚が1つ」だけあります。 ただ、一番困るのは到着ゲートに降り立った時の何もなさです。 人の待ち合わせをしていたので、空港で2h待つ予定でしたが2h待つのも厳しいレベルでした笑 まず、情報をアクセスするためにwifiを繋げようとしましたが、Wifiがない….. Airport Wifiらしきものは見つけたのですが、従業員用かな?アクセスできません。 周辺にカフェを探そうかとおもい、縦に長いこの空港を歩いてみましたが、ない……。 日差しが強い中、水も飲まずに途方にくれていると、近くの従業員の方達が利用しているような小さなレストラン?フードコート?のようなお店を一つだけ発見しました。 そこにはなんとWifiがありました!!!お店の名前は「KBS snacks」 ちょうど空港の真ん中の向かえ側に位置しています。 2~3往復してもレストラン1つ見当たらなかったので、コナ国際空港のwifiはここが一択でしょう。 出発ならまだしも、到着ゲートで待つことは絶対におすすめできません笑 しかもインターネットなしで立ち尽くすのは、、人間観察しかやることないです笑 ハワイ島に行く前には事前にWIFI等の通信を用意すべき…

旅行で大活躍!間違いないコスパ最強セルフィースティック

今更ですが、自撮り棒(セルフィースティック)購入しました! 最近360度カメラ(insta360 one)を買い換えたのですが、それに使いたかったため購入。 そのセルフィースティックが予想以上に使えたのでご紹介したいと思います。 探していたセルフィースティック条件 ・50cm以上の長さ(短すぎると意味ない) ・重さ300g以下(重いと結局持ち歩かなくなる) ・紐付き (よく落とすので…) ・1/4ねじ付(360度カメラを取り付けられるように) ・スティックの下に3脚をつけられるようにネジ付き ・スマホセット付き(できればスマホでも撮影できたら便利) ・3000円以下(よく壊すので、これくらいの価格がベスト) 探していた条件は、上のように6つも条件がありました。 これは条件が多すぎてなかなか見つからない、、、1つ欠けたりして。 実際に購入したスティック 正直セルフィースティックは多種多様な会社が出しているので、山のようにあるのですが、私が購入したのはこちらの「HSU」というものです。 全ての希望通りの条件がマッチしていました。 ・50cm以上の長さ(短すぎると意味ない) →最長91cm ・重さ300g以下(重いと結局持ち歩かなくなる) →163g ・紐付き (よく落とすので…) →あり 取り外し可能 ・1/4ねじ付(360度カメラを取り付けられるように) →あり ・スティックの下に3脚をつけられるようにネジ付き →あり ・スマホセット付き(できればスマホでも撮影できたら便利) →あり ・3000円以下(よく壊すので、これくらいの価格がベスト)…

ホーチミンで贅沢フレンチ!在住者の厳選3選レストラン

ホーチミンに住み始めて、早いもので1年と数ヶ月経ちました。 当初は、ベトナム料理が美味しいので常に食べていたのですが、実はホーチミンは安くフレンチが食べることを知り、今では日常のレパートリーの1つとしています。 というのも、ベトナムはかつてフランスの植民地だったため、「プチパリ」と言われるほど建造物に、フランス風のものが残っていることが多いです。 食も同様で、ベトナムの有名なサンドイッチ「バインミー」もフランスに影響を受けて、フランスパンに肉や香菜などを挟んだものになっています。 そのためもあってか、ホーチミンにはフレンチレストランも結構多いんです。 また、フレンチ料理といえば価格が高いというイメージがありますが、物価の安さもあってか日本より圧倒的に安く食べることができます。 そんなホーチミンのフレンチレストランの中でこれだけは、オススメできる!3店舗を厳選したのでご紹介したいと思います。 「安く、美味しい、フレンチ料理」を求めている方の参考になればと思います。 Marcel Gurumet Burger 「え、バーガー?」 と思うかもしれませんが、ここはフランス人のシェッフが作ったフランス風のバーガーですw 基本的にお肉の部分はグラスフェッド(牧草だけを食べた良質なお肉)のものが多く、またパンも店舗で焼いているようでした。 ほんのに甘くて、本当においしいです。 そして、中に挟まれたチーズは、ブルーチーズのものがあったり、チーズ好きにはたまらないですね! パン生地がブラックのスペシャルバーガーなんかもありました。 こちらも美味しかったです。 そして、私のみが美味しいと言っているわけではありませんw 世界的な食べログTrip Adviser(トリップ アドバイザー)でもホーチミンのレストラン、ベスト6位(3,143位中)にランクインされているほどです。 お店の外観も可愛く、行くだけでちょっと心弾みますので、ぜひ立ち寄ってみてください。 行くのが難しい方は、Vietnammm.comというベトナムのデリバリーサイトでデリバリーすることも可能です。 ▲Vietnammの詳しい使い方はこちらに書きました。 La creperie お次は、ガレットのお店「La Creprie」です。 お店の雰囲気も落ち着いているのですが、カジュアルで、かしこまらない感じで気軽でした。…