ベトナムのLINE?海外IPOに挑戦のVNGとは

最近ベトナムで初のアメリカで、テック企業VNGが株式公開するかもしれない!というニュースが!!
ソースはこちら (日本語版)

ベトナムは外国企業誘致、特にIT系の誘致は積極的なので、
外資(特に日本?)がたくさん参入して、オフショア開発は今では有名なお話。
なので、外資のIT系のお話はベトナムではよく聞くのですが、
ベトナムの企業がIPOを目指すとは!結構ビックニュースじゃない?と思い「どこぞの会社!?」と思い見てみると、
VNGは2004年創業のベトナムでは超有名サービスを作っているところでした(社名として知らなかったのちょっと恥w)

ひとつはベトナムに来て初めてDLしたアプリ:Zalo!


ベトナムで絶大な人気を誇るコミュニケーションアプリZaloです。
日本でいうLINEと同じ存在。(Wechatの方が近いかな?)
どんなアプリを連絡手段として使っているのか聞くとでてくるのが、FacebookとZaloの2択!
だいたい、世界はFacebook+その国で発展したメッセージングアプリを使っているところが多いですね。

Zaloは既にダウンロード数ベースで7000万ユーザーいるとか。
メッセージングなのでアクティブも8割はいってそう。
(LINEはアクティブが2017年4月現在6600万らしぃ)
ミャンマー、韓国、マレーシア、台湾等周辺アジア諸国の人が使っていることが大きいですね。

で、私も実際に使ってみているんですが、、、、
なんといっても違いは「ご近所さん検索機能」もはや、tinder?happen?的な出会えちゃう系です。

性別、年齡、自分の位置からの距離で絞って検索することができます。
ログイン状態にしておくと、だいたい5通くらいは友達申請が!きて、承諾するとそのまま会話をすることができます。
(まだ会ったことはありませんwが、オンライン上の友達はたくさんできました^^)

どうやらこの機能が人気を博してZaloは広まったと聞きました〜
平均年齡約27歳のベトナムはいきなりスマホネイティブ世代をたくさん抱えているので、
オンライン上で出会うことも抵抗なく、経済成長(認識していないと思うけど)を楽しんでいるのかなと。

もうひとつは:Zing

ZingはZing.me/Zing.TV/Zing.vn/Zing.mp3 などたくさんあるのですが、
多分いちばん若者に使われているのはZing.mp3なのではないかなと思います。(肌感)
mp3は音楽が聴き放題で、だいたい皆スマホにこのアプリが入っていてYoutubeではなく
ここから音楽を引っ張ってきて聞いているのが普通みたいでした。
Zing.meはゲームのプラットフォームで、箱庭系、農園系?のゲームが熱いようです。
(多分門番のようにお店の各所にたくさんいる警備員のおっさんが、暇つぶしにやっているw)

上記のようなメディアやゲーム以外にも、ムービーチケットオンラインや、決済周りに手をだしているVNG。
超網羅的ですね、手堅いw

調べると2010年には日本のサイバーエージェントが投資済みのようでした。
IPOが楽しみです^^!

もう少し色んなサービスを知りたい!!!作りたい!
See you~~~~

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA